トップページ > 2018年01月

キャラクター販促631 二つの特徴

神様ですら顔が大切なわけですから
販促に使うキャラクターはなおさらですね。


例えばチラシにキャッチコピーが入っていて、
それがキャラクターの台詞になっていたら目に止まります。


しかし、その顔に特徴がなかったら?


例えば擬人化された猫がキャラクターだとして、
その顔に特徴がなかったら、どこのお店のキャラクターか、
そもそもキャラクターとわからないかもしれませんよね。


ではどうするのか?


一つ、できれば二つ特徴を追加してください。
例えば猫ならば、19世紀ヨーロッパの衣装を着て女性にめっぽう弱いとかw


そうする事で単なる猫のイラストから
一目でわかる猫のキャラクターになります。


一目でわかるという事は、その絵がお店の看板に描いてあったら、
猫のキャラクターのお店で覚えてもらえることでしょう。


参考になれば幸いです。

Posted by born1963 : 22:33 | Page Top ▲

キャラクター販促630 人間は顔

千葉の九十九里浜の南の方に白子町という町があります。
この町に「面足神社(オモダルジンジャ)」という神社があり
「イケメン様」と呼ばれています。


もちろんご利益は美男美女になれること。当然「御守」もあります。

0121.jpg


オモダルは「完成した(=不足したところのない)」の意味で
つまりは完璧な美男。


神様ですら美男が求められるんですね(笑)
まぁ、それはともかく、神代の時代から顔が大切だったということです。


これはどういう事かというと、
人は他の部位ではなく顔だけを特別視しているのです。


山元 東北大学大学院生命科学研究科教授によると
人の顔だけを専門に記憶する脳細胞があるのだそうです!


さらに人間の脳は顔文字を顔として認識し、反応することが
オーストラリアのフリンダース大学の研究で確認されています。


という事は人は人の顔を優先的に識別するということです。
風景の中の木々の影や壁の汚れからも顔を探し出すように。


そしてそれこそが販促キャラクターの目的でもあります。
何かメッセージを書いてもなかなか見てもらえませんが、
そこに顔があるだけで見てもらえるようになるのです。


参考になれば幸いです。

Posted by born1963 : 10:01 | Page Top ▲

きゃらくたー販促629 エンターテイメント


さて、みなさんに思い出してもらいたいのですが、
この正月、様々なお正月用の広告がテレビで出てましたよね。


その中でいくつ覚えてますか?


覚えている人で1〜2個。
ほとんどの人は1つも思い出せないのではないでしょうか?


なぜかというと、広告は基本的に見られないからです。
もっと言うと人間は興味のないものは見ていても見えないのです。


誰もが、興味のある情報や必要な情報だけを自動的に選んで見ています。
そうしないと脳が処理しきれなくなりますからね。


つまり、あなたが出しているチラシやDMもほとんどが見てもらえないのです。
ではどうしたら少しでも見てもらえるのでしょうか?


それを考えるヒントは現在の人気CMにあります。
ここ数年はauの三太郎物語がずっと1位を占めています。


その数年前は現在2位のSoftbankの白戸家の物語がずっと1位でした。


キャラクターを立て、ストーリーを展開して面白く伝えたい事を伝える。
つまりエンターテイメントです。


文字だけでこれをやろうと思えば大変ですが
(クイズや自己診断、参加型ゲームなど工夫が必要)
キャラクターがあれば色々と展開を考えられますね。


参考になれば幸いです。

Posted by born1963 : 16:24 | Page Top ▲

キャラクター販促628 自己開示

さて、読者の方はよくご存知の様に、私はバイクが好きでよく出掛けています。
人によっては私のことをCGアニメーションに詳しいと思っているでしょう。


私の名刺には出身、血液型、生年月日、CGの著作、バイクで房総や
寺社仏閣を訪ねて回っていることなど、仕事の実績以外も書いています。


名刺交換をすると、一部の方から「どんなバイクに乗られてるんですか?」
とか「房総は最近どこに行かれました?」とか聞かれることがあります。


先日は大阪出身の人間が集まって(名刺には出身も書いてあります)
大阪話で盛り上がりました。


このような共通点があると一気に信頼感が沸いてきます。
つまり「共通点の発見=販促」につながるということです。


これはなんでもいいのです。
例えば今話題のドラマでもいい。


そうすると
「池井戸潤(ドラマ陸王の原作者)を好きな人に悪い人はいない」
という人が一定数でてくるのです。


これは、共通点がある = 私と同じ価値観を持っている人 = 信用できる
と本能的に感じるからです。


だからキャラクターにPOPなどでどんどん喋らせれば良いのです。
自己開示するほど信頼感が高まるスピードは格段に速くなります。


参考になれば幸いです。

Posted by born1963 : 11:13 | Page Top ▲