トップページ >キャラクター > メールマガジン6> キャラクター販促596 外見も特徴を重ねる

無料メールマガジン「クチコミを生むキャラクター販促活用術」

キャラクターを使った販促の方法を紹介しています。 キャラクターの持つチカラを紐解き、ビジネスに活用しましょう。(マガジンID:0000132694)

メールアドレス:

キャラクター販促596 外見も特徴を重ねる

『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』という映画をご存知ですか?

『ハリーポッター』の作者が描く新シリーズが原作の映画です。


『ファンタスティック・ビースト』という題名が指す通り、
魔法生物という奇妙な生き物が大量に登場するのですが、
やはり既存の生物を組み合わせた様なデザインなのです。


前回、キャラクターを作る場合、2つ大きな特徴を重ねれば
キャラクターとしての個性が出てきますと書きました。


それは読んでいただければわかる通り、主に性格というか、
個性をどうつけるかという内容だったのですが、
この手法が外見にも使えているわけですね。


蛇に鳥の頭と羽をつける、馬にオウム貝の様な無脊椎動物の顔をつける
ライオンのたてがみをフグのハリセンボンにする等々。


面白いのは外見の特徴がそのままその動物の性癖になっていたりします。
頻繁に出てくるニフラーという動物はカモノハシそっくり(その意味では
2種類以上の動物の掛け合わせではありませんが、カモノハシそのものが
鳥と動物の特徴を併せ持っていますね)です。


これがカモノハシ同様有袋類で、その袋に貴金属を貯め込むのです。
当然手癖が悪く、映画の中ではアクセントになっています。


ですから、職業や性格など、キャラクターに持たせる個性から
外見を決めていくこともできるわけです。


掃除などの家事サービスが職業なら、掃除=アライグマ、
綺麗好き=ネコなどの動物をベースに、コスチュームや小道具を加える。
おばちゃんぽくする等ですね。


そうすることで唯一のキャラクターになるだけでなく、
会社のシンボルとしてふさわしい個性を持たせることになるわけです。


参考になれば幸いです。

Posted by born1963 : 17:22 | Page Top ▲

無料メールマガジン「クチコミを生むキャラクター販促活用術」

キャラクターを使った販促の方法を紹介しています。 キャラクターの持つチカラを紐解き、ビジネスに活用しましょう。(マガジンID:0000132694)

メールアドレス: