トップページ >キャラクター > メールマガジン6> キャラクター販促594 聖地

無料メールマガジン「クチコミを生むキャラクター販促活用術」

キャラクターを使った販促の方法を紹介しています。 キャラクターの持つチカラを紐解き、ビジネスに活用しましょう。(マガジンID:0000132694)

メールアドレス:

キャラクター販促594 聖地

先に書いた様に台東区の山谷の南端、いろは商店街の吉原口に
「あしたのジョー」が立っています。


私は浅学にして知らなかったのですが、いろは商店街の反対の出口付近が
劇の舞台になった泪橋のある地域なんだそうです。


「あしたのジョー」像は2012年の11月に建立されたそうですから、
すでに5年近くが経っているんですね。


建てた当時は華々しくセレモニーもやって、
多くの人が集まった様ですが、今は色褪せ寂れています。


「あしたのジョー」のコンテンツ力を考えたら不思議なくらいです。


お金のある50代にはドンピシャですし、
若い世代(と言っても20代〜30代前半)でも
山下智久さんが主演で2011年に映画化され大ヒットしていますので、
それなりに認知はされているばずです。


確かに多少不便な場所では有りますが、それが関係ないことは、
すぐ近くの土手の伊勢屋さんと言う天丼屋さんに、
週末は1〜2時間待ちの行列ができていることでも明らかです。


昨今のアニメ映画は舞台となった場所に大勢のファンが観光に行く、
聖地巡礼が流行っています。

「君の名は」など忘れ去られた様な県(失礼!)の岐阜県が
急遽観光スポットになってますし、鳥取県境港市の水木しげるロードは
年間200万人の観光客を集めています。


にも関わらず「あしたのジョー」は寂れている。


なぜか?

私なりに考えた結論は「ストーリーの欠如」。


最近の聖地はアニメのストーリーと密接に関係がありますし、
境港は水木しげる氏が生まれ育ったと言うストーリーがあります。


それに比べると「あしたのジョー」は劇中に「泪橋を逆に渡るんだ」
と言う名台詞が有るものの、ジョーが立っているのは泪橋の側ではなく吉原口。


アニメの中でも地元との交流は全くなく、商店街なんて出て来ません。


それではいかにファンであってもジョーの像以外見るべきものがないので、
わざわざ尋ねる気にならないのです。

私は常々このメルマガでキャラクターは世界観ですと言って来ました。


世界観とはストーリーです。


ストーリーと現実がキャラクターを介して絡み合ったとき、
強い吸引力が生まれるのです。


参考になれば幸いです。

Posted by born1963 : 22:43 | Page Top ▲

無料メールマガジン「クチコミを生むキャラクター販促活用術」

キャラクターを使った販促の方法を紹介しています。 キャラクターの持つチカラを紐解き、ビジネスに活用しましょう。(マガジンID:0000132694)

メールアドレス: