トップページ > 2017年03月

キャラクター販促589 使い方を複合させる

前回はノベルティグッズのことを主に書いたのですが、
キャラクターを作ったあとには印刷しノベルティにして終わり
という企業キャラクターが多すぎて、あまりにもったいないです。


看板とノベルティだけでも効果はありますが、
もっともっと様々な使い方を考えましょう。


やり方は様々ですが例えばキャラを着ぐるみ化し、LINEスタンプ化し、
さらに映像化までしてあらゆる媒体で露出することが重要です。


映像化というとテレビという風に思われるかもしれませんが、
YOUTUBEだって立派な媒体です。


実はYOUTUBEはすでに世界第2位の検索エンジンなんです。
今までマニュアルだよりだった電化製品の使い方なんて
YOUTUBEで検索すれば、いっぱい出てきますし、動画の方がわかりやすい。


エンターテイメントは無理でも新商品の説明など
キャラクターを使って動画をアップするなんてことも考えられます。


実際にはテレビCMだって、地方局や衛星放送ならそれほど高くないです。
チラシを1回打つより安く配信できますよ。


それもこれも準備をしていればこそ可能になります。
自社単独で出来る相乗効果がまさにこれです。


参考になれば幸いです。

Posted by born1963 : 22:52 | Page Top ▲

キャラクター販促588 展開

キャラクターがあると便利なのは
SNSを使ってのお客様との絆づくりだけではありません。


例えば来店の際のプレゼントやイベントを行なった時に配る販促物など、
キャラクターは様々な販促やキャンペーンへの展開も可能になります。


チラシや看板、DMなど、いつも同じキャラクターがいることで
一目見るだけで認識されますし、他にはないグッズも簡単につくれます。


今ではオリジナルグッズで検索すると、小ロット(中には1つから)
オリジナルグッズを作ってくれるWebサービスがあります。


パソコンショップに行けば、自宅のプリンターを利用して作れる
うちわやマグカップ、Tシャツ、キーホルダーその他のキットも売っています。


こういったサービスを活用することで気軽にグッズ制作が行なるだけでなく、
グッズを作るリスク(制作コストや在庫リスクなど)を
最小限に抑えることができます。


日本はキャラクター文化が深く根付いた国です。
この環境をぜひ、積極的に活用していきましょう。


キャラクターは会社の資産となるばかりでなく、
かけがえのないビジネスパートナーになってくれる存在です。


使わない手はありません。


参考になれば幸いです。

Posted by born1963 : 09:38 | Page Top ▲