トップページ >キャラクター > メールマガジン6> キャラクター販促539 にゃんにゃんにゃんの日

無料メールマガジン「クチコミを生むキャラクター販促活用術」

キャラクターを使った販促の方法を紹介しています。 キャラクターの持つチカラを紐解き、ビジネスに活用しましょう。(マガジンID:0000132694)

メールアドレス:

キャラクター販促539 にゃんにゃんにゃんの日

先週の月曜日2月22日は
語呂合わせで「にゃん・にゃん・にゃん」と読めることから
「猫の日」だそうです。


我が家でも20年近く3匹の猫を飼っていたのですが、
高齢で皆他界しましてしまいました。


カミサンが死別が辛いと言うので、今は飼っていませんが、
今も猫は大好きです。


そう言えば空前の猫ブームが来ているそうですね。


先日テレビでやっていたのですが、AKBの宮脇さんのブログで、飼い猫の写真を
載せると「いいね!」の数が普段の倍くらいに跳ね上がるんだそうです。


また、猫ブームには「ネコノミクス」と呼ばれる経済効果もあり、
関西大学の宮本勝浩名誉教授の試算では約2兆3000億円の経済効果だそうです。
産経WEST⇒ http://www.sankei.com/west/news/160203/wst1602030064-n1.html


書店に行けば猫の写真集やムック等の「猫本」が大量に並んでいて、
どれも売れている様です。
(光文社の「ねこ自身」は発売約1カ月半で
累計9万2000部の異例の大ヒットを記録)


ペットフード協会が発表した27年の飼育実態調査では、
犬が約991万7000匹、猫が約987万4000匹で、
近い将来、猫が犬を上回ると予想しています。


なぜ、猫が人気になったのでしょうか?


その背景には、ペットを飼いたい人の中で

・猫は世話の負担が少ない
(1人暮らしや高齢者は犬を飼いたくても散歩に連れて行くのも躾も大変)

・室内飼いなら病気になりにくいので診療費も安い
(一戸建てでなくても飼え、若い人にも飼いやすい)

と言う事で、結果的に猫を飼う人の増加、猫グッズの売上が伸びた、
ということがあるそうです。


日本の高齢化が進めばもっと市場は大きくなるかもしれません。
となれば一時的な物ではなく、継続してネコは使えると言う事。


まだキャラクターを持っていないところなら、
ネコがらみが良いかもしれません。


今、キャラクターを使っている所でも、
ネコと絡めるとより効果があるかもしれませんね。


社会の考え方やライフスタイルが変わっている今は、
本当はたくさんのチャンスが転がっていると思いますよ。


参考になれば幸いです。

Posted by born1963 : 15:15 | Page Top ▲

無料メールマガジン「クチコミを生むキャラクター販促活用術」

キャラクターを使った販促の方法を紹介しています。 キャラクターの持つチカラを紐解き、ビジネスに活用しましょう。(マガジンID:0000132694)

メールアドレス: