トップページ >キャラクター > メールマガジン6> キャラクター販促538 難しいものを、わかりやすく伝える

無料メールマガジン「クチコミを生むキャラクター販促活用術」

キャラクターを使った販促の方法を紹介しています。 キャラクターの持つチカラを紐解き、ビジネスに活用しましょう。(マガジンID:0000132694)

メールアドレス:

キャラクター販促538 難しいものを、わかりやすく伝える

トヨタは現在、新型プリウスの部品を擬人化した
「プリウス インポッシブル ガールズ(通称プリガー)」プロジェクト
を展開しています。


計40点の部品を2次元キャラ化し、
このうち10点には人気声優に声を担当させるという力の入れようです。


プロジェクトを展開するのは、トヨタマーケティングジャパンで、

狙いは
(1)新型プリウスのさらなる魅力訴求・性能理解、
(2)クルマ低関心(若年)層へのアプローチ
と言うことらしい。


上記のサイトを覗いてみると、グッズが当たるTwitterキャンペーンや
出演声優によるネットラジオ、痛車制作用のダウンロードデータの配布、
壁紙が当たるゲームの公開などを実施しています。


試しに私も壁紙が当るゲーム(キャラクターのイラストが出てきて、
そのキャラクターが何の擬人化したものかを答える)に挑戦してみましたが、
予備知識なしでは難しい。


というのも、「エンジン」(擬人化番号No.1)や「サスペンション」(No.6)
の様に実際の部品をモチーフに取り入れているものならまだしも、
「ICONIC human-tech(人間中心の設計思想)」(No.4)とか、
「広々とした視界」(No.24)、「ドア閉まり音」(No.39)
なんて出てきた日には混乱するだけです。


おそらく描いたクリエイターも苦労したでしょうねぇ。


トヨタマーケティングジャパンの人は『「擬人化」という手法は、
「難しいものを、わかりやすく伝える」ために最も適している』
とインタビューに答えていますが、成功してるでしょうか?


そもそも40種類ものキャラクターは多過ぎます。
しかもその中にはカタチのないものも含まれているとあっては、
話題にはなるでしょうけど、解りやすく伝える事に成功している
とは言えないのではないでしょうか?


私個人の考えですが、せめて戦隊ものの様に数人に絞り込んで、
人間の男の子と出会ってって言うストーリー仕立てのマンガを描いて、
要所要所に特徴を仕込んで行く方が解りやすいと思うんですけどね。


あれもコレもと欲張って、送り手側の独りよがりにならない様にしたいですね。


参考になれば幸いです。

Posted by born1963 : 16:54 | Page Top ▲

無料メールマガジン「クチコミを生むキャラクター販促活用術」

キャラクターを使った販促の方法を紹介しています。 キャラクターの持つチカラを紐解き、ビジネスに活用しましょう。(マガジンID:0000132694)

メールアドレス: