トップページ >キャラクター > メールマガジン6> キャラクター販促514 ストーリーを語れば売れる

無料メールマガジン「クチコミを生むキャラクター販促活用術」

キャラクターを使った販促の方法を紹介しています。 キャラクターの持つチカラを紐解き、ビジネスに活用しましょう。(マガジンID:0000132694)

メールアドレス:

キャラクター販促514 ストーリーを語れば売れる

五輪公式Twitterが招致サインにもどりました。
招致ロゴの方はスポーツの祭典って感じが伝わってきてワクワクします。


この招致ロゴには国民に愛されるメッセージ性、
とても素敵なストーリーがあります。


オープンな選考で大学生の作品が選ばれた事。


そしてモチーフの「桜の花のリース」は、
「桜」=「日本」と「リース」=「繰り返し(つまり復活)」を表し、
東日本大震災からの復活を表現しているんだと言う事。


ストーリーがあるおかげで、ロゴマークがより印象深いものになっています。


この考え方はビジネスにも使えます。私たちは値段が安ければ売れる、
お客様にベネフィットを訴求すれば売れると思い込んでいます。


しかし、本当はストーリーほど強い訴求力を持つものはないのです。


多くの人は商品の開発の裏話なんて誰も聞きたがらないと思っています。


しかし、NHKのプロジェクトXなんかはDVDもリリースされ、
その裏話自体がコンテンツとして商品になっています。


それくらい強い需要を喚起するのがストーリーです。


ストーリーを語ることで、
本当は商品に興味もなかった人達まで買ってくれるようになります。


ベネフィットだけではその人たちは興味をもたないのです。


だからチラシの隅でも、Webサイトでもいいのでストーリーを載せましょう。


商品開発の裏話もいいですが、自社キャラクターの誕生秘話、
あなたの失敗談なんかは人気コンテンツになりますよ。


それを連載していけば、より強固な印象を勝ち取ることができます。
キャラクターを語り部にすればより親しみやすい物になります。


参考になれば幸いです。

Posted by born1963 : 22:31 | Page Top ▲

無料メールマガジン「クチコミを生むキャラクター販促活用術」

キャラクターを使った販促の方法を紹介しています。 キャラクターの持つチカラを紐解き、ビジネスに活用しましょう。(マガジンID:0000132694)

メールアドレス: