トップページ >キャラクター > メールマガジン6> キャラクター販促504 常連さんの喜ぶ事をしよう

無料メールマガジン「クチコミを生むキャラクター販促活用術」

キャラクターを使った販促の方法を紹介しています。 キャラクターの持つチカラを紐解き、ビジネスに活用しましょう。(マガジンID:0000132694)

メールアドレス:

キャラクター販促504 常連さんの喜ぶ事をしよう

私が時々お邪魔する大分唐揚げの専門店があります。
最寄り駅からも10km以上離れている山の中に数年前に移転したのですが、
その味と唐揚げ弁当が300円位からという手頃さもあって繁盛していました。


はじめはメニューも少なかったのですが、徐々に増えて行き、
今年に入ってからは急に1000円近い価格のメニューが増えました。


春頃はそれでも繁盛していたのですが、先日久しぶりに行ったら店内ガラガラ。
12時台なのに1家族と1人のお客さんしかいませんでした。


前は一番安い唐揚げ弁当を10個とか買いにくる人もいたのですが、
その日は通りがかりに初めて立ち寄ったという様な人ばかり。
(テイクアウトできますかとか、会話でそれとわかります)


つまり常連が遠のいたのです。
おそらく理由は、高額メニューが中心のメニュー構成になったことと、
300〜500円の従来の弁当が2種類に減って、
メニューの中に埋もれてて分かりづらくなったこと。


特に後者は大きいと思います。よく探さないとわからないんですから。


久しぶりに来てメニューが変わって、パッと見た瞬間に今まで注文していた
物がみつからないとすると、大抵の人はとりあえず目につくメニューの中から
選びますよね。


でも、そのお店は300〜500円の弁当で人気になったお店です。
300円の弁当を器に盛って、蕎麦がついたからって950円払えますか?
その蕎麦にしても安い立ち食い蕎麦の水準です。


まぁ、来なくなりますね。


もちろん新規のお客様が替わりに増えればいいですけど、
今時のお客様は950円のランチには950円の価値とサービスを求めます。
まぁ、リピートはしないでしょうね。


高いメニューを考えるのは良いと思います。
しかしそれは、今現在「あなたのお店が好き」と言ってくれている
常連のお客さまを喜ばせるものでなくてはなりません。


そして常連のお客さまが納得できる様に商品の情報を発信しましょう。
キャラクターなら、いやみなく伝えることができますよ。


参考になれば幸いです。

Posted by born1963 : 16:30 | Page Top ▲

無料メールマガジン「クチコミを生むキャラクター販促活用術」

キャラクターを使った販促の方法を紹介しています。 キャラクターの持つチカラを紐解き、ビジネスに活用しましょう。(マガジンID:0000132694)

メールアドレス: