トップページ >キャラクター > メールマガジン5> キャラクター販促490 軽い罪悪感への共感を狙う

無料メールマガジン「クチコミを生むキャラクター販促活用術」

キャラクターを使った販促の方法を紹介しています。 キャラクターの持つチカラを紐解き、ビジネスに活用しましょう。(マガジンID:0000132694)

メールアドレス:

キャラクター販促490 軽い罪悪感への共感を狙う

先日、テレビを見ていたら
ミランダ・カーがサントリーの黒烏龍茶のCMに出ていました。


サントリーの黒烏龍茶と言えば、中年の中国人を使ったCMが長く続き、
藤子不二雄A原作のマンガ「笑ゥせぇるすまん」の主人公・喪黒福造を
使ったCMがすこし続きました。


そのCMでは「あたかも食品を使用すれば、バランスのとれた食生活を
考慮しなくてもよい旨を示唆するような表現が用いられている」という、
消費者庁からの指導が入っています。


前回の話じゃないですが、ちゃんと調査して広告しても
CMは影響力が強いので、この様に行政指導が入ることがあります。


それでこのシリーズは打ち切られて、2013年9月から生瀬さんら日本人のCMが
続いたのですが、この春からは前述のミランダ・カーになりました。


これは「トンカツを食べたくてしょうがない」ミランダが、
仕事終わりでトンカツ屋に行って、最後に黒烏龍茶を飲むというもの。


体のことを気にしながら、黒烏龍茶を免罪符に油こってりの
おいしい料理を食べるというストーリーは中国人の時から全くかわりません。


この黒烏龍茶のCM、ずーっとこういう調子なんですね。
わかっちゃいるけど、やめられない。
そういう軽い罪悪感への共感を狙っているのです。


ただ、この罪悪感に訴求するやり方と言うのは、
一歩間違えたら余計なお世話として反感を買ってしまいます。


どこか他人事に見えるから笑っていられるし、
そうなんだよなぁと共感できるのです。


外国人やアニメを使っていたのは、
そうすることで距離感が出て、どこか他人事に見えるからですね。


生瀬さんらを使ったシリーズも1年半ほど続きましたが、
基本的に日常から切り離した完全なコメディというか、
かなりオーバーな設定になっていました。


そんな事を気にしなくてもキャラクターを使うと、
自然とこの距離感が生み出せます。


キャラクターは軽い罪悪感への共感を狙うのにはうってつけなのです。


参考になれば幸いです。

Posted by born1963 : 00:45 | Page Top ▲

無料メールマガジン「クチコミを生むキャラクター販促活用術」

キャラクターを使った販促の方法を紹介しています。 キャラクターの持つチカラを紐解き、ビジネスに活用しましょう。(マガジンID:0000132694)

メールアドレス: