トップページ >キャラクター > メールマガジン5> キャラクター販促489 一度は広告をしてみるべし

無料メールマガジン「クチコミを生むキャラクター販促活用術」

キャラクターを使った販促の方法を紹介しています。 キャラクターの持つチカラを紐解き、ビジネスに活用しましょう。(マガジンID:0000132694)

メールアドレス:

キャラクター販促489 一度は広告をしてみるべし

今回はちょっとキャラクターから逸れるのですが、
勉強させていただいているブログで、まっす〜さんという女性がやられている
「伝え続けることは揺るぎない信頼を築き続けていくこと」
というエントリーがありました。


Webサイトやパンフレットの虚偽記載に騙されて、
被害にあったというニュースから、信用を勝ち取る方法を書いておられます。


Webは特にそうなのですが、手軽に情報を発信できる反面、
本人も気づかないうちに虚偽記載や法律違反を犯している場合があります。


お粗末な例ではビジネスを教える側のコンサルタントが
平気で「日本一」とか宣伝してたりします。


一度でも広告を打ったことのある方なら解ると思いますが、
「日本一」と言うのなら、何時、何で日本一になったのか、
具体的に証明しなければなりません。


よくAmazonで1位になるために、いろんな特典をつけたり、
あちこちのメルマガで宣伝したりしている事がありますが、
あれで1位になっても日本一とは言えないのです。


それが実績や顧客数なら、どうやって証明できますか?
競合がそれらのデータを公表しないかぎり不可能です。


他にもサプリメントなど薬事法を無視したWebサイトなど幾らでもあります。


自分がいくら信じていてもダメなんです。
サプリメントなんて体質でも効果はかわりますし、
結果としてお客様を騙す事にもなりかねません。


まともな商売を続けたいとお考えなら、
一度は広告をメディアに出してみる事をお勧めします。


広告効果云々ではなく、審査のないWebサイトやブログ、
チラシなどのコピーが問題がないかの確認のためです。


予算がなければYahoo!でもGoogleのリスティング広告でも良いです。
新聞や雑誌と比べるとまだまだ信頼性は低いですが、
それでも一応の審査はしてくれます。


煽り言葉や、過剰な表現は一時は効果があるかもしれませんが、
長くは続きません。ましてや違法コピーなら尚更です。


参考になれば幸いです。

Posted by born1963 : 23:41 | Page Top ▲

無料メールマガジン「クチコミを生むキャラクター販促活用術」

キャラクターを使った販促の方法を紹介しています。 キャラクターの持つチカラを紐解き、ビジネスに活用しましょう。(マガジンID:0000132694)

メールアドレス: