トップページ >キャラクター > メールマガジン5> キャラクター販促470 大人だって楽しみたい

無料メールマガジン「クチコミを生むキャラクター販促活用術」

キャラクターを使った販促の方法を紹介しています。 キャラクターの持つチカラを紐解き、ビジネスに活用しましょう。(マガジンID:0000132694)

メールアドレス:

キャラクター販促470 大人だって楽しみたい

小林正観さんという方をご存知でしょうか?
年300回以上の講演をこなっていた著述作家の方で、
『「そ・わ・か」の法則』『喜ばれる』など、ベストセラーが多数あります。


デパートや、スーパーのトイレには、昔は「きれいに使って下さい」とか、
命令口調で貼られていた張り紙が、数年前から、どこへ行っても
「きれいに使ってありがとう」と、完了形で書かれるようになっています。


これなどは、小林正観さんの影響だろうとも言われているくらいで、
経営者の方などにも多くのファンがおられます。。


その正観さんですが、ちょっと前にお亡くなりになったので、
当たり前ですが新しいご著書がでなくなっていました。


ところがこの前、書店で新著が出ていたので慌てて購入しました。
それが『ありがとう」のすごい秘密』という本です。


中でも私が特に感銘したのは天の岩屋戸のくだり。
何度も読んだり聞いたりしているハズなのに、肝心な事が解ってなかった。


天照は天の岩屋戸に隠れた時、
他の神々や人間がいくら懇願しても出て来なかったんですよね。


それで皆が困って発想を変えて、天の岩屋戸の前で皆が歌い踊り大騒ぎしたら、
天照は気になって岩屋戸から顔をお出しになったんです。


つまり、神様は願い事を聞いてくれないという事なんです。
そのかわり、賑やかに楽しんでいる人の所には顔を出すんですね。


これが日本の神様。
神様の中心におられる天照がそうなんですから、間違いありません。


だから神社でお願いをする事は間違いなんですね。
(そういや、お祭りって賑やかで面白い物ばかりですね)


これはなにも神話の話だけではないのです。
子供だった頃のことを思い出してください。
子供はくだらない事が大好きです。


子供は、他人がどう感じるかなんて気にしません。
ひたすら、「楽しみたい!」と思うから、楽しい事をします。


子供どうしなら、楽しそうと思えば遠慮なく一緒に遊びます。
(中には先にやっていた子から奪い取って遊ぶ子も・・・)


本質的には大人も一緒です。


くだらない事を真剣にやって楽しんでいる代表みたいな人が
所ジョージさんですが、彼の番組は軒並み10年以上続いている人気番組です。


大人だって楽しい事が大好きな証拠ですね。
いい大人がキャラクターを使うって言う事は、そう言う事なのかもしれません。


参考になれば幸いです。

Posted by born1963 : 00:22 | Page Top ▲

無料メールマガジン「クチコミを生むキャラクター販促活用術」

キャラクターを使った販促の方法を紹介しています。 キャラクターの持つチカラを紐解き、ビジネスに活用しましょう。(マガジンID:0000132694)

メールアドレス: