トップページ >キャラクター > メールマガジン5> キャラクター販促458 キャラクターの化粧直し

無料メールマガジン「クチコミを生むキャラクター販促活用術」

キャラクターを使った販促の方法を紹介しています。 キャラクターの持つチカラを紐解き、ビジネスに活用しましょう。(マガジンID:0000132694)

メールアドレス:

キャラクター販促458 キャラクターの化粧直し

ゴジラは60年も前のキャラクターですので、
新作が作られる度に当然少しずつお色直しをしています。


前回のハリウッド版の「GODZILLA」が評判悪かったのは、
リアリティを追求するあまり、ただの巨大生物になったからです。


初代ゴジラの造形が当時の研究で考えられていた
ティラノサウルスの姿をベースにしていたのですが、
現在はもっと鳥の姿に近いことが分かっています。


前回の「GODZILLA」は、立ち姿のゴジラが定着している事を軽視して、
現在のティラノサウルスをベースに作り直したんですね。


こういう例があるから難しいのですが、
キャラクターも時間が経つと手直しが必要な場合があります。


よくあるのがニュースレターやパンフレットの挿絵として描かれたものが、
人気が出たので次回からその会社のキャラクターになるパターン。


もともと小さなカット用に描かれた絵ですから、個性も弱いし、
大きく使うと厳しいものも多々あります。


そう言う場合、最終的には化粧直しをする事になります。


しかし、前述のゴジラじゃないですが、キャラクターを大きく変えると
それまでの資産(ファンだったり、認知だったり)を無くしてしまいます。


そこで一番簡単なのが、立体化です。


ぶっちゃけた話、単純な形状なイラストでも、
3DCGにするだけで情報密度が高くなり、絵として持ちます。


それよりももっと良いのがぬいぐるみ等の肌触りのいい素材で
人形を作ってしまう事です。


ぬいぐるみなら業者さんに頼んでもしれていますし、
印刷物やWebに使うだけでなく、
ショーウインドウや受付カウンターなどにも置けます。


参考になれば幸いです。

Posted by born1963 : 23:34 | Page Top ▲

無料メールマガジン「クチコミを生むキャラクター販促活用術」

キャラクターを使った販促の方法を紹介しています。 キャラクターの持つチカラを紐解き、ビジネスに活用しましょう。(マガジンID:0000132694)

メールアドレス: