トップページ > 2014年08月

キャラクター販促461 大手がやっている定評ある販促ノウハウとは?

459号でヤマハの新しいバイク「トリシティ」が、
大島優子さんの宣伝効果もあって予約が7000台を越えている
と書いたのですが、どうも違ったようです。


産経新聞によると、正確には年間販売計画台数7000台のところ、
発売前にも関わらず5000台の予約があったと言うことらしいです。


間違った情報をお伝えして申し訳ありませんでした。


それにしても、すごい数値ですね。まだ発売前ですよ。


これは商品の目新しさ、価格設定などもありますが、
大島優子効果も大きいでしょうね。


丁度、今日25日から新しいCMが始まるそうですが、ヤマハに限らず、
なぜ大企業はタレントさんをCMに起用するのでしょうか?


もちろんタレントさんのファンを取り込みたいという下心もあります。


しかし、初期効果はあっても商品自体に魅力がなければ継続して売れません。
ましてや、オートバイの様に高価な商品はタレントパワーだけでは無理です。


それでも想定するお客様層に人気のあるタレントさんを使うのは、

・想定するお客様の目に留まる
・商品も覚えてもらい易い
・クチコミになりやすい

等が考えられます。


大手がやっていることですから、かなり実績といいますか、
定評のある方法なわけです。


私自身、大手のお仕事を手伝わせていただいて、
ある程度そのノウハウを知っていました。


だから、カーコンビニ倶楽部でキャラクター販促に展開できたのです。


カーコンビニ倶楽部も今や軽板金では最大手のブランドですが、
実際のお店は町の板金屋、中小企業の集合体です。


私が手がけた当時は、その存在自体一般には知られてませんでした。


つまり中小企業でも、キャラクターを使う事で
大企業がやっている定評のある販促ができるのです。


もちろんタレントパワーは新しいキャラクターにはありませんので、
それなりに工夫は必要ですが、不可能ではないのです。


大手がやっている定評ある販促ノウハウ、
実際にやってみたいと思いませんか?


参考になれば幸いです。

Posted by born1963 : 23:14 | Page Top ▲

キャラクター販促460 手前味噌

レビューは編集後記で書きますが
『STAND BY ME ドラえもん』を見て来ました。


偶然ですがこの映画、このところこのメルマガでご紹介している
キャラクターを使ってお客様のファン化を促進する方法を全て取り入れてます。


まず、457号で紹介した(というか457号でもドラえもんを取り上げてますが)
キャラクターの設定とデザインがマッチすれば、何十年も支持されます。


そして、458号で書いた様に化粧直しの3DCG化。
来春上映されるドラえもん映画は従来のアニメみたいですが、
やはり新しい感じがします。


さらにはこの物語がのび太くんの成長鄲です。これは459号で書いた
親近感を醸成し、お客様のファン化を促進する方法そのものですね。


まぁ、成長するのはのび太くんって事になってますが、
ドラえもんものび太に影響されて、どんどん優しさを身につけますし、
大人になったのび太やジャイアン、スネオとの関係性を見ると、
彼らものび太に影響されて大人になっているのがわかります。


それはシズカちゃんのお父さんの台詞でも明確ですね。


と言う事で、手前味噌ながらこのメルマガの正しさが
ひょんな事から証明されてしまいました(笑)


参考になれば幸いです。

Posted by born1963 : 18:23 | Page Top ▲

キャラクター販促459 成長

先週の木曜日でしたか、元AKBの大島優子さんが小型自動二輪免許を
取得して写真付きでTwitterで呟いてました。


>>本当に私だからね(OvO)
>>TRICITY乗りやすい


大島優子さんは本当に国民的アイドル。しかも女子人気が高い。
トップアイドルがバイクに乗るなんてイメージいいじゃないですか。


いつも見かけるのは自分も含めてオヤジばっかりですからね(笑)


これは是非ともバイクの楽しさをアピールしていただいて、
更なるバイク人口増加に協力してもらいたいものです。


それはさておき、このTwitterで呟いたTRICTYというのは、
ヤマハ発動機がこの秋に発売する125ccのリバーストライク
(前2後ろ1輪の三輪車)のことです。


彼女はこのトリシティのイメージキャラクターになったんですね。


実は彼女、免許と言う物を持っていなくて、
小型自動二輪の免許を取得する所から始まっているんです。


元来トリシティの125ccの排気量は、
国際的には普通自動車免許で乗れるサイズのバイクなんですね。


日本はガラパゴスルールで普通自動車免許では50ccしか乗れません。
なので125を売ろうと思えば免許をとる所から始めないとダメなんです。


日本のオートバイユーザーの平均年齢は40歳を越えてますので、
若い世代が乗ってくれないと日本の市場は縮小するばかりです。


だからこそリバーストライクと言う目新しいバイクを
国民的アイドルの大島さんで宣伝して、今までバイクに興味の無い層を
取り込もうとしているのだと思います。


実際、まだ発売前なのに、既に予約が7000台を越えているそうです。


そして大島さんが免許を持ってなかったというのもポイントで、
彼女が全くの初心者だったところからフォローすますので、
彼女の成長をリアルタイムで見る事ができるわけです。


この成長過程を見せる事で、より親近感を見る人に感じてもらえるんですね。


これは私たちが使うキャラクターにもヒントになりますね。


販促キャラクターが成長していく課程を見せて親近感を醸成し、
節目節で販促イベントを行う事で、お客様のファン化を促進する。


思考錯誤は必要でしょうが、面白い挑戦になると思いますよ。


参考になれば幸いです。

Posted by born1963 : 23:06 | Page Top ▲

キャラクター販促458 キャラクターの化粧直し

ゴジラは60年も前のキャラクターですので、
新作が作られる度に当然少しずつお色直しをしています。


前回のハリウッド版の「GODZILLA」が評判悪かったのは、
リアリティを追求するあまり、ただの巨大生物になったからです。


初代ゴジラの造形が当時の研究で考えられていた
ティラノサウルスの姿をベースにしていたのですが、
現在はもっと鳥の姿に近いことが分かっています。


前回の「GODZILLA」は、立ち姿のゴジラが定着している事を軽視して、
現在のティラノサウルスをベースに作り直したんですね。


こういう例があるから難しいのですが、
キャラクターも時間が経つと手直しが必要な場合があります。


よくあるのがニュースレターやパンフレットの挿絵として描かれたものが、
人気が出たので次回からその会社のキャラクターになるパターン。


もともと小さなカット用に描かれた絵ですから、個性も弱いし、
大きく使うと厳しいものも多々あります。


そう言う場合、最終的には化粧直しをする事になります。


しかし、前述のゴジラじゃないですが、キャラクターを大きく変えると
それまでの資産(ファンだったり、認知だったり)を無くしてしまいます。


そこで一番簡単なのが、立体化です。


ぶっちゃけた話、単純な形状なイラストでも、
3DCGにするだけで情報密度が高くなり、絵として持ちます。


それよりももっと良いのがぬいぐるみ等の肌触りのいい素材で
人形を作ってしまう事です。


ぬいぐるみなら業者さんに頼んでもしれていますし、
印刷物やWebに使うだけでなく、
ショーウインドウや受付カウンターなどにも置けます。


参考になれば幸いです。

Posted by born1963 : 23:34 | Page Top ▲

キャラクター販促457 キャラクターの設定とデザイン

この夏は『トランスフォーマー・ロストエイジ』に『GODZILLA ゴジラ』、
『オール・ユー・ニード・イズ・キル』と、
B級SF好きにはたまらない映画が目白押しです。


さらにCGキャラクターに関わっている人間なら気になるのが、
ピクサー社の『プレーンズ2 ファイアー&レスキュー』に
Allwaysの山崎貴監督が脚本を書いた『STAND BY ME ドラえもん』。


時間的に全ては見られないので、とりあえず日曜日に
『GODZILLA ゴジラ』を見て来ました(笑)。


『ゴジラ』は60年前に発表された映画で、今日まで29作品が作られています。


『トランスフォーマー』も元々はタカラの変形玩具ロボットでしたが、
そのプロモーションも兼ねたテレビアニメが29年前に
「戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー」として発表されました。


『ドラえもん』は45年前に発表されたマンガですね。


ジャンルも方向性も全く違う作品ですが、共通するのは
主役が架空のキャラクターで、それがずっと愛されているということ。


そして何十年もキャラクターのデザインは踏襲されているのです。


ゴジラだけ一度ハリウッドでリメイクした時に、
大きくデザインを変えましたが、世界中から批判されました。


一度キャラクターが認知されるとこういう事が起こるのです。


つまりキャラクターの設定とデザインがマッチすれば、
送り手の想像以上の力を発揮するんですね。


何十年も支持され、トラブルも起こさず、働き続けてくれる。
非常にコストパフォーマンスが高いツールだと思いませんか?


参考になれば幸いです。

Posted by born1963 : 09:08 | Page Top ▲