トップページ >キャラクター > メールマガジン5> キャラクター販促454 人間は無機質が嫌い

無料メールマガジン「クチコミを生むキャラクター販促活用術」

キャラクターを使った販促の方法を紹介しています。 キャラクターの持つチカラを紐解き、ビジネスに活用しましょう。(マガジンID:0000132694)

メールアドレス:

キャラクター販促454 人間は無機質が嫌い

私たちの世代のデザイナーは間というか、空間に憧れを持っていました。


地域にもよると思うのですが、読みやすさやコントラストを意識して
余白を作ると、クライアントからその余白を埋める様に言われ、
忸怩たる思いをしてきた世代です。


そでも最近は、時代の閉塞感もあってか、余白や空間、間と言った物が
わりと理解される様になりました。


考えてみれば、そういう侘び寂びに通じる様なシンプルさは
以外と人気を博した期間って短いのですね。


ドイツでもバウハウスとかの期間がありますが、
現在に影響を及ぼしたとは言え、活動していたのはたった14年です。


結局人間って、空間や間があれば装飾しているんですね。


それはもう世界遺産の日光東照宮を見るまでもなく、
多くの寺社仏閣は装飾で埋め尽くされています。


エジプト文明、キリスト教、イスラム教も変わりありません。


最近で言えば、無機質の代表、コンピュータが読み取るためだけの
情緒とはおよそ関係のないバーコードまで、デザインされています。


一次元は装飾に限界がありますが、二次元バーコードはかなり装飾可能です。


つまり、無機質は人にとって居心地が悪く、何か書き加えたくなり、
空間は埋め尽くしたくなり、モノトーンには色がほしくなるのです。


かと言って、高級品を安っぽくするのは頂けませんし、
チェーン店などルールの縛りがあって、自由にできない事も多いでしょう。


しかし、案外、規定になっている部分や「細部」にちょっとした遊びごころで、
あなたの商品やお店の印象づけができると思います。


きっとキャラクターがお役に立てることでしょう。


参考になれば幸いです。

Posted by born1963 : 22:57 | Page Top ▲

無料メールマガジン「クチコミを生むキャラクター販促活用術」

キャラクターを使った販促の方法を紹介しています。 キャラクターの持つチカラを紐解き、ビジネスに活用しましょう。(マガジンID:0000132694)

メールアドレス: