トップページ >キャラクター > メールマガジン5> キャラクター販促451 情報発信の方法

無料メールマガジン「クチコミを生むキャラクター販促活用術」

キャラクターを使った販促の方法を紹介しています。 キャラクターの持つチカラを紐解き、ビジネスに活用しましょう。(マガジンID:0000132694)

メールアドレス:

キャラクター販促451 情報発信の方法

前回、自店の情報を発信していくかを考える時に、
キャラクターは強力なツールになるという事を書きました。


それをちょっと掘り下げてみましょう。


キャラクターを使ったデザインだけでなく、総合的に考えた方がいいので、
ちょっと踏み込んだ事も書きますね。


まず、お試しメニューを作ります。


飲食店ならランチタイムに数量限定でいいので、
税込み500円で提供するメニューを作って「●●ちゃんランチ」の様に
キャラクターの名前を付けます。


このランチは500円だからって量を減らすとか品数を減らすとかせずに
あくまでも気軽に試していただくためのメニューです。


キャラクターの絵と「●●ちゃんランチ 500円(限定○食)」
と入れたのぼりを作成。
できれば2本作って、入口の両側に立てるといいでしょう。


黒板のA看板を買ってきて、キャラクターの絵と、
ランチのおすすめポイント(メニュー詳細)を書いて、
サンプルと一緒に店頭に並べます。


店内はそれほど派手にキャラクターで装飾する必要はありませんが、
メニューにはワンポイントで入れるとか、分かりにくい商品は
キャラクターによる説明をいれておきましょう。


レジ前にはキャラクター入りショップカードを忘れずに。
裏面には夜の代表的なメニューやお酒の値段も入れましょう。


クーポンやスタンプカードもいいですが、さらに一工夫して
お客さまの名刺を作るのも良い考えです。


例えば相撲なら、幕下・十両・前頭・小結・関脇・大関・横綱
という様にキャラクターの世界観に合わせた役職を作って、
お客さまがご来店の度に出世して新しい名刺を貰える様にします。


ポイントを貯めるのが出世名刺の交換というゲーム感覚になるので、
より楽しいでいただけるでしょう。


ここまでやれば、お客さまの中にあなたのお店とキャラクターは
かなり明確に紐付けられます。


このお客さまが同僚等にあなたのお店を話す時、
「●●(キャラクター)のお店」という言い方をするでしょうし、
ご紹介して頂く時には、「●●(キャラクター)のノボリが出てるから
すぐに見つかるよ」と説明してくださるでしょう。


キャラクターなしでも同じ事はできますが、印象に残るという点では
キャラクターがあった方が強いというのはご理解いただけると思います。


参考になれば幸いです。

Posted by born1963 : 11:32 | Page Top ▲

無料メールマガジン「クチコミを生むキャラクター販促活用術」

キャラクターを使った販促の方法を紹介しています。 キャラクターの持つチカラを紐解き、ビジネスに活用しましょう。(マガジンID:0000132694)

メールアドレス: