トップページ >よむべき書籍 > マーケティング> 見栄っ張りか自己暗示か

無料メールマガジン「クチコミを生むキャラクター販促活用術」

キャラクターを使った販促の方法を紹介しています。 キャラクターの持つチカラを紐解き、ビジネスに活用しましょう。(マガジンID:0000132694)

メールアドレス:

見栄っ張りか自己暗示か

『稼ぎが10倍になる「自分」の見せ方・売り出し方』
稼ぎが10倍になる「自分」の見せ方・売り出し方
Amazonより


放送作家の野呂エイシロウ氏の著作です。
氏は放送作家として「元気が出るテレビ」や「ズームインSuper」
「アンビリバボー」など、40を超える番組に携わる他、
企業コンサルタントとして電通やグルーポンジャパン、味の素などを
クライアントに持つ人だそうです。


実はこの経歴も氏特有の自分の見せ方なんでしょうね。
放送作家として40を超える番組って多くはないですし、
著名な番組なら、放送作家は何人も付きますので、
その内の1コーナーしか関わってないのかもしれません。


要は自分の活動や成果をより良く見せるために「盛って」書く演出ですね。


この本では、そういうテクニックも含めて、いわゆる「自己ブランディング」、
中でもアウトプットに特化した内容を紹介しています。


象徴的な部分で、駆け出しの頃、同じような環境に居る若手の放送作家たちから
一歩抜きん出るために、借金をして10年落ちのベンツを買い、
テレビ局の目立つ場所にいつも止めていたというエピソードがあります。


それを「見栄っ張り」「嘘つき」と読むか、「自己催眠」「自己暗示」と取るか
それによって読者の評価は変わるでしょう。


個人的には、自分がやりたいと思うことを実際に実現したとしたら、
どういう行動を取るかを考えて、それを演じましょうと肯定的に考えています。


『稼ぎが10倍になる「自分」の見せ方・売り出し方』
肩肘張らずに気軽に読むのが吉なビジネス書ですね。


Posted by born1963 : 09:39 | Page Top ▲

無料メールマガジン「クチコミを生むキャラクター販促活用術」

キャラクターを使った販促の方法を紹介しています。 キャラクターの持つチカラを紐解き、ビジネスに活用しましょう。(マガジンID:0000132694)

メールアドレス: