トップページ >キャラクター > メールマガジン5> キャラクター販促447 言い訳

無料メールマガジン「クチコミを生むキャラクター販促活用術」

キャラクターを使った販促の方法を紹介しています。 キャラクターの持つチカラを紐解き、ビジネスに活用しましょう。(マガジンID:0000132694)

メールアドレス:

キャラクター販促447 言い訳

デモンストレーション、実演販売というのはものすごい効果があるのですが、
即効性のある商品に限りますよね。


そうでない商品はプレゼンテーションになってしまいます。
そう言う時、お客様は一歩引いて見る人がほとんどですね。


あわよくば一泡吹かせてやろうと、
ツッコミどころを探す人もいたりして(苦笑)

そうでなくても、プレゼンテーションっていうものは
大抵が問題提起があって、その問題を解決するのがこの商品ですよ
という流れになっている場合が多いです。


そうすると最初の問題提起自体が
お客様にとってものすごく不愉快な物の可能性が高いのです。


問題提起=お客様の問題


つまり、お客様にとってツッコまれたら痛い所です。
正論で正面から行けば反発されますし、
オブラートでくるめば言い訳が用意されています。


だから反発されない為には、最初の問題提起はお客様が言いそうな
言い訳から始めると良いのです。


例えば、部屋が片付けられないという問題提起をする場合、
時間がないという言い訳が言われそうなら、
問題提起は現実に起こっている部屋が片付かない事ではなく、
お客様の時間がない事という風に言い換えるのです。


(時間があったらお客様はその問題を自分で解決してますよね
 という、暗黙の了解を前提に置くのです)


その上であなたの商品がお客様の問題を解決する、
つまり「この商品なら時間がなくても片付けられますよ」
という提案をする訳ですね。


もちろん、この問題提起、言い方を変えてもデリケートな問題ですから、
キャラクターを使って柔らかく表現する方が、聞き入れやすいですよ。


参考になれば幸いです。

Posted by born1963 : 11:06 | Page Top ▲

無料メールマガジン「クチコミを生むキャラクター販促活用術」

キャラクターを使った販促の方法を紹介しています。 キャラクターの持つチカラを紐解き、ビジネスに活用しましょう。(マガジンID:0000132694)

メールアドレス: