トップページ >キャラクター > メールマガジン5> キャラクター販促442 ブラック

無料メールマガジン「クチコミを生むキャラクター販促活用術」

キャラクターを使った販促の方法を紹介しています。 キャラクターの持つチカラを紐解き、ビジネスに活用しましょう。(マガジンID:0000132694)

メールアドレス:

キャラクター販促442 ブラック

この春の新番組で「ブラック・プレジデント」というドラマをみました。


今、言葉として流行っているブラック企業のバリエーションでしょう。
沢村一樹さん演じるアパレル会社の社長の事ですね。


猛烈なワンマン社長で、抜き打ちで直営店に行っては、
店員の着こなしにセンスがない、ディスプレイが違う、
売れ筋の商品なのに充分店頭にな列んでない・・・etc
そして、すぐにやり直せと指示を出すシーンがあります。


店長は仕方ないですが、部下の店員はあからさまに嫌がり、
最終的にはそのメンバーがブラック企業だとして訴訟を起こします。


ところがこれ、経営者の目線で見ていると何もおかしな事を言ってない。
売れ筋の商品が店頭に充分列んでないなんて、お話になりません。


そんな事は新入社員ならともかく、店長ともなれば、
社長と同程度とは言わなくても、ある程度はできないとおかしいですよね。


それができてないから残業せざるを得なくなるわけです。
逆に言えば、できていればさっさと定時で帰れるってことです。


今、労働はクリエイティブになっています。
つまり、自ら考えて行動しなければならないのです。


にも関わらず、産業革命直後の流れ作業の工場労働者から、
労働者の意識が進歩していないのかもしれません。


黙っていても右から左に商品が売れる時代にはもう戻りません。


キャラクターも採用したら売れるという時代でなく、
どうやって戦略的に活用していくか、考える時代に来ていると思います。


参考になれば幸いです。

Posted by born1963 : 11:37 | Page Top ▲

無料メールマガジン「クチコミを生むキャラクター販促活用術」

キャラクターを使った販促の方法を紹介しています。 キャラクターの持つチカラを紐解き、ビジネスに活用しましょう。(マガジンID:0000132694)

メールアドレス: