トップページ >キャラクター > メールマガジン5> キャラクター販促438 ソフトのエンターテイメント化

無料メールマガジン「クチコミを生むキャラクター販促活用術」

キャラクターを使った販促の方法を紹介しています。 キャラクターの持つチカラを紐解き、ビジネスに活用しましょう。(マガジンID:0000132694)

メールアドレス:

キャラクター販促438 ソフトのエンターテイメント化

ゲーム機のPS4が世界中で売れているそうですね。
日本は発売時期がずれたこともあり、ニュースにもならなかったので、
あまり売れていないのかと思っていたのですが、
日本でも売り切れ店が続出しているのだそうです。


個人的にはスマートフォンのゲームが普及しているので苦戦するだろう
と思っていたのですが、スマートフォンなどとの連携機能を搭載して、
他の製品やサービスと相乗効果を持たせているそうです。


つまり「ソフト」をより活用するために「ハード」がある
と明確に物語っていると思います。


かのカリスマコンサルタントの神田 昌典氏もその著書「仕事のヒント」で
『次世代ビジネスのひとつのヒントは、○○エンターティメント
(たとえば、ビジネスエンターティメント、教育エンターティメント)』
と語っているように、『情報が利益となる時代』の到来を語っています。

「仕事のヒント」→ http://amzn.to/1nwqfwj


特に神田氏の言うとおり、「ソフト」の質を
「エンターティメント」の域まで高めたものは、
引く手あまたであると想像できます。


ディズニーランドやシーのお客様もリピーターが9割を超えています。
その理由は遊園地としてのハードではなく、提供される満足感です。


それは隅々まで行き届いた演出だったり、アクターの心遣いであったり、
ディズニーマジックと呼ばれるソフトなのです。


最近オープンした「イオンモール幕張」の「カンドゥー」も、
ず〜っと予約が一杯だそうです。


この「カンドゥー」、子供が大人の仕事を体験できるというもの。
働いて得た収入で新たな体験を買う(ショーを見る等)ことも、
次回来た時に使えるように預金することもできます。
ここに来れば大人と同じ体験ができるというソフトが人気の秘密ですね。


では、どんな情報が利益になるのか? もうお分かりですよね。
そう、お客様のベネフィットです。


平たく言うと「商品の特徴」を「お客様視点」で編集して
「それがお客様にどんな便益があるのか」をまとめたものですね。
この情報をエンターテイメントに高めることがポイントです。


この情報をエンターティメントに高める簡単な方法がキャラクターです。


お客様に伝えたい情報を分かりやすく伝えるうえで、
極めて効果的な方法は、その特長を擬人化して、名前をつけてしまうこと。


例えばコラーゲン。ウルウル素肌のコラーゲンペプチドちゃん、
骨太のアテロコラーゲンくんなど、キャラクター化すると、
突然、親しみやすくなりますよね。


訴えたい商品特長を擬人化できないだろうか?
ノートにとって、しっかり考えてみてください。それでは、また。


参考になれば幸いです。

Posted by born1963 : 15:57 | Page Top ▲

無料メールマガジン「クチコミを生むキャラクター販促活用術」

キャラクターを使った販促の方法を紹介しています。 キャラクターの持つチカラを紐解き、ビジネスに活用しましょう。(マガジンID:0000132694)

メールアドレス: