トップページ >キャラクター > メールマガジン5> キャラクター販促436 近況報告

無料メールマガジン「クチコミを生むキャラクター販促活用術」

キャラクターを使った販促の方法を紹介しています。 キャラクターの持つチカラを紐解き、ビジネスに活用しましょう。(マガジンID:0000132694)

メールアドレス:

キャラクター販促436 近況報告

読者の方にはよくわかると思うのですが、
このメルマガの冒頭はほとんど私の近況が書いてあります。


なぜ、本題とは関係のない話を書いているかというと、
これは私という人を知ってもらうためです。


もちろん読み飛ばされるのは覚悟の上です。
せいぜい百人に一人読んでもらえればラッキー。
そんなつもりで書いています。


ここで重要なのは極端に言うと、読まれる事よりも、
メルマガの冒頭に著者の近況報告が書かれていると認識してもらうこと。


著者の近況報告があることで、著者(私)がバイクに乗っているとか
そいういう事よりも、ある程度プライバシーをオープンにしているんだ
と認識してもらえればいいのです。


なぜか?


人は会話の量に比例して仲良くなる習性があります。
会話を情報と置き換えてもいいですね。


実際にこのメルマガがご縁でmixiやFacebookでお付き合いが始まり、
年賀状を毎年交換する方もおられますし、
実際にお会いして友人になった方もおられます。


こういう事はお店や会社でもできます。


例えば社員旅行。
お休みを頂くためにお得意様に事前にご連絡したり、
店頭に貼り紙を貼ったりすると思いますが、意外と伏せてる場合が多い。


「研修」等、仕事の延長の様な言い方をする場合ですね。
これはよくありません。


嘘をつくくらいなら堂々と「○日まで社員旅行に行ってきます。
お土産を用意しておりますので、○日にお待ちしております」
って書いた方がいいです。


そうすれば「どこ行ってたの?」とか、会話が弾みますし、
さらに一歩お客様に近づく事ができます。


お土産なんて大したものでなくていいのです。
絵葉書1枚だっていい。


そしてその旅行の話をまたニュースレターなんかにする。
その時注意するのは自分たちの写真は1枚くらいでいいです。


なぜなら、自分たちが写っている写真だと、背景がどうであれ、
観る側は全部同じに見えますから。


ところが綺麗な風景だと今度行ってみようとか、
ちょっとあそこの様子を聞いてみようとか、
お客様の気持ちが積極的になるんですね。


もっと言えば、自社のキャラクターの小さなぬいぐるみを作って
ぬいぐるみを入れた風景写真を撮るといいです。


風景がさらに身近なモノになって、より会話が弾みますよ。


参考になれば幸いです。

Posted by born1963 : 01:43 | Page Top ▲

無料メールマガジン「クチコミを生むキャラクター販促活用術」

キャラクターを使った販促の方法を紹介しています。 キャラクターの持つチカラを紐解き、ビジネスに活用しましょう。(マガジンID:0000132694)

メールアドレス: