トップページ >キャラクター > メールマガジン5> キャラクター販促434 接触

無料メールマガジン「クチコミを生むキャラクター販促活用術」

キャラクターを使った販促の方法を紹介しています。 キャラクターの持つチカラを紐解き、ビジネスに活用しましょう。(マガジンID:0000132694)

メールアドレス:

キャラクター販促434 接触

最近、オートバイブームが来ているんだそうです(笑)
実際にはピーク時(1982年)の販売台数の1/10程度なんで、
どこがブームなんだという気がしますが、私の様に10代にバイクブームを
迎えた40〜50代が再び乗り出しているそうです。


まぁ、実際、私の廻りをみてもずっと乗っている人は少なくて、
ほとんどがこの10年以内にリターンした人ばかりです。


そしてこの人達の特徴が、大型バイク。


昔は大型自動二輪は、教習所では取れなかったんです。
試験場で所謂飛び込みで取るしか無かった。


大体、合格率は数%。
ですからほとんどの人が中型(現在の普通二輪)免許でした。


その人達がリターンして、大型免許を取って高級車を買っているんだそうです。
つまり、数のブームではなくて、投資金額が大きいという事ですね。


その筆頭を走っているのがハーレーダビッドソンです。
同社はここ市場が1/10に縮小しているにも関わらず、
毎年売上を増やし続けています。


今や輸入バイクの2台に1台はハーレーです。
国産車の倍近い価格がするにも関わらず売れています。


「ハーレーなんて昔から売れているブランドだから」
と考えている人も多いと思いますが、それはちょっと違います。


私が若い頃はハーレーなんて故障が多くてオッサンがパレードで乗るだけの
盆栽バイクという印象しかありません。


考えてみてください。新規顧客率が高くない限り、
買い替え需要しかないわけで、それでは毎年の成長は不可能です。
まして、それが衰退産業であるなら・・・。


ところが、ハーレージャパンの新規顧客率は70%を超えています。


もちろん、品質の向上はあるでしょう。
しかし、それ以上にお客様、販社との関係を深めて、
信頼関係を築いて行った事が大きいと思います。


ハーレー・ジャパンは頻繁にイベントを行います。
それこそ、オーナー達は家族連れで参加し、友人関係を誘っています。


ショップも大きなお店はおよそバイク屋らしからぬ風情で、
カフェやアパレルなどが充実しています。
キッズスペースがあったりもするんですよ。


そして、そういう機会を沢山つくるだけでなく、
販売してから12ヶ月、24ヶ月、36ヶ月の法定点検はもちろんのこと、
それ以外にも、折々に「点検」や「調子伺い」を行っています。


日本の冠たるトヨタでクルマを買っても、半年もすればディーラーからは
音沙汰無しで、法定点検や車検など、お金がかかるときだけ
電話がかかってくるでしょう。


私は自動車ディーラーでお勧めのドライブコースとか
レストランとか1回でも教えてもらったことはないですし、
客同士で話をしたこともないです。


ちょっとキャラクターから外れましたけど、
こういう接触機会を増やすという取り組みは大切だと思います。


キャラクターがあれば子供を取り込むこともできますよ(笑)


参考になれば幸いです。

Posted by born1963 : 00:45 | Page Top ▲

無料メールマガジン「クチコミを生むキャラクター販促活用術」

キャラクターを使った販促の方法を紹介しています。 キャラクターの持つチカラを紐解き、ビジネスに活用しましょう。(マガジンID:0000132694)

メールアドレス: