トップページ >キャラクター > メールマガジン5> キャラクター販促424 スイッチ

無料メールマガジン「クチコミを生むキャラクター販促活用術」

キャラクターを使った販促の方法を紹介しています。 キャラクターの持つチカラを紐解き、ビジネスに活用しましょう。(マガジンID:0000132694)

メールアドレス:

キャラクター販促424 スイッチ

前回書いたお客様が購入する商品のブランドを変更する
ブランドスイッチですが、面白いデータがあります。
お客様が購入したそのブランドを選択肢に入れたのはいつか?
という調査です。


製品によってかなりバラつきがあるのですが、購入頻度の高いものほど
購入した商品が早い段階で選択肢に入っているそうです。


逆に購入頻度の低いもの程、
購入直前に選択肢に入れるという傾向があるそうです。


それは商品に対する知識の有無が、
そのまま選択肢に入れる時期に反映すると思われます。


「いつも買っているアレなら間違いない」という反応ですね。


だからブランドスイッチをさせるには、
最初の段階から認知を獲得するのは相当難しいと言えます。


では、どの段階でブランドスイッチが起こるかというと、
具体的に商品を検討しだす段階から、商品を購入する直前が多いようです。


ここで有用な情報なんですが、商品を選択肢に加えるのが後に行けば行くほど
価格が商品購入の理由になる割合が増えるのです。


逆に商品のイメージやデザインは比較段階の早い時期に選択肢に入り、
その次に機能が検討されるという流れのようです。


そして早い段階で選択肢に入ったものの方が購入される確率は高いのです。
だから、大企業は莫大なお金をかけてCMをうっているんですね。


では中小企業はどうするか?


わかりやすいイメージでなるべく早い段階でお客様に認知して頂く。
これにはキャラクターが役立ちます。


何度も書いてますが、人は人の顔に反応するので、
動物でも、機械でも、擬人化されたキャラクターは認知されやすいのです。


そしてちゃんと設計されたキャラクターなら、
そのキャラクターのイメージ(世界観)が、商品を象徴していますので、
商品のイメージが理解されやすいのですね。


そして、決定的にブランドスイッチをさせるには、
体験して頂くのが一番効果があります。


例えば化粧品は、試供品を試した人の四割強が次にその商品を購入します。


そうやって試していただくにも、
キャラクターの親しみやすさというのは強みになりますね。


参考になれば幸いです。

Posted by born1963 : 16:12 | Page Top ▲

無料メールマガジン「クチコミを生むキャラクター販促活用術」

キャラクターを使った販促の方法を紹介しています。 キャラクターの持つチカラを紐解き、ビジネスに活用しましょう。(マガジンID:0000132694)

メールアドレス: