トップページ >キャラクター > メールマガジン5> キャラクター419 逆に考えてみる

無料メールマガジン「クチコミを生むキャラクター販促活用術」

キャラクターを使った販促の方法を紹介しています。 キャラクターの持つチカラを紐解き、ビジネスに活用しましょう。(マガジンID:0000132694)

メールアドレス:

キャラクター419 逆に考えてみる

フジテレビの人気番組『ほこ×たて』が
出演者による告発で放送自粛となりました。


告発されたのは「ラジコンVSスナイパー」で、
編集者にあまりにも事実を曲げているのでそのまま放送したら告発する
と告知したのに、そのまま放送されたと出演者のブログにありました。


誰もが情報を配信できる現代において、
利害の薄い関係での“やらせ”は不可能です。


現在の権力機関でもあるテレビでさえも、
素人の事実の告発には膝を折らざるを得ないのです。


しかし逆に言うと、誰もが情報を配信できる事を利用して、
テレビ番組の人気を増幅する事も可能だと言うことです。


現に「半沢直樹」人気がSNSで増幅され、
また「あまちゃん」もTwitterやLineで「じぇじぇじぇ」が広がり、
これまでNHK朝の連続テレビ小説なんか見たこともない若い世代が
番組を見る様になりました。


今、インターネットに押されているとはいえ、
今もメディアの王者の「テレビ」の呼び込みの役を
ソーシャルメディアが担うという動きが起こってきています。


「Can Twitter Save TV? (And Can TV Save Twitter?)」
Forbesが記事にした様に、テレビ番組の「実況」をツイートすることで、
その影響力で、現在、テレビを見ていない人に番組を視聴させる
という発想ですね。


既にアメリカでは、スポーツ中継の注目シーン(たとえば、
NBAの中継でバスケット選手がダンクシュートを決めたシーンなど)を
短いCM付きで視聴できるツイートを提供しているそうです。


AppleやGoogleがスマホとテレビの連携を模索しているので、
近い将来、スマホ(ソーシャルメディア)とテレビを連動させることで、
色々な事が可能になると思います。


今でもソーシャルメディア向けに公式のビデオリンクを頒布するなどして、
バズを起こすなどのマーケティングは可能だと思います。


あなたもご自分の商売に使える事を考えてみてはいかがでしょうか?


例えば、今、ラッピングバスの広告料金は1ヶ月で数十万円です。
チラシを1回打つのとそう変わりませんね。


あなたのキャラクターを沢山配したラッピングバスを走らせて、
撮影してYoutubeで流し、キャラクターが何体いるかクイズにします。


FaceBookやブログで回答を求めて、正解者に抽選でプレゼントとか、
またはラッピングバスの写真コンテストとか、色々考えられますね。


今の時代、予算をかけなくても色々できますので、
知恵を絞ってみてはいかがでしょう。


参考になれば幸いです。

Posted by born1963 : 18:23 | Page Top ▲

無料メールマガジン「クチコミを生むキャラクター販促活用術」

キャラクターを使った販促の方法を紹介しています。 キャラクターの持つチカラを紐解き、ビジネスに活用しましょう。(マガジンID:0000132694)

メールアドレス: