トップページ >キャラクター > メールマガジン5> キャラクター販促416 主語

無料メールマガジン「クチコミを生むキャラクター販促活用術」

キャラクターを使った販促の方法を紹介しています。 キャラクターの持つチカラを紐解き、ビジネスに活用しましょう。(マガジンID:0000132694)

メールアドレス:

キャラクター販促416 主語

再々書いていることですが、キャラクター販促の極意のひとつは、
キャラクターのチカラを使って、お客様の抵抗を減らして、
商品を購入することで得るお客様のベネフィットを伝えることです。


ベネフィットというのはその商品を使う事で
お客様が得られるメリットですね。


商品の特徴(機能)と勘違いしがちなんですが、
商品を主体としてみるか、お客様を主体として見るかで違ってきます。


例えば軽量コンパクトと言うと商品の特徴ですが、
軽くて持ち運びしやすく邪魔にならないと言えばベネフィットになります。


それをわかりやすく説明すると
主語を入れ替えて話すだけで、相手が受ける印象はかなり変わると言うこと。


次の例を考えてみてください。化粧品の説明を想定しています。


A;○○社が新しい美白乳液を発売します。

B;くすみが気になる方、○○社から新しい美白乳液が発売されますよ。


伝えている内容は全く同じ「○○社から美白乳液が新発売」ですが、
受ける印象が全く違いますね。


なぜそう感じるかというと、Aの視点は、○○社にあります。


○○社を主語にするということは、
○○社が言いたい事を伝えていることになります。


○○社の主張を代弁ですね。これではお客様に響きません。


では、Bはどうでしょうか。


「新しい美白乳液が発売される」と言うことで、
Aよりも、お客様になんらかのメッセージが伝わります。


「なんらかの」というのは、たとえば、
新商品が出るので試してくださいね、ということでもあるし、
今度売り場に来るときは注意して見てくださいね、ということです。


さらに「くすみが気になる方」と呼びかけることで、
特定の悩みを持つお客様に関心を持ってもらえる効果も期待できます。


こうして考えてみると、Bのほうが断然、
お客様の心に届くメッセージを伝えられることに気づきますね。


そして目を引くキャラクターが、このメッセージを言うことで、
よりお客様に伝えることができるのです。


参考になれば幸いです。


**********************************************************************
編集後記
───────────────────────────────────
実は今回のメルマガは池上彰さんの『伝える力』
という本を参考にしました。


この本を読んでも「おぉっ!」と感動することはないかもしれません。


ひょっとしたら「なるほど」と思うことも少なくて、
「そうそう」と納得する、聞いたことのあるような内容かもしれません。


しかし、そんな一見当たり前の事が簡単にできていないから、
池上彰さんはテレビのニュース解説で引っ張りだこなんだと思います。


何しろ、ご本人はテレビから引退すると言っているのに、
引退させてもらえないのですから。


『伝える力』


ここで紹介した以外にもすぐに使えるテクニックが満載です。
是非、手に入れて今後の参考にしていただきたいと思います。

Posted by born1963 : 15:11 | Page Top ▲

無料メールマガジン「クチコミを生むキャラクター販促活用術」

キャラクターを使った販促の方法を紹介しています。 キャラクターの持つチカラを紐解き、ビジネスに活用しましょう。(マガジンID:0000132694)

メールアドレス: