トップページ >キャラクター > メールマガジン5> キャラクター販促415 判官贔屓

無料メールマガジン「クチコミを生むキャラクター販促活用術」

キャラクターを使った販促の方法を紹介しています。 キャラクターの持つチカラを紐解き、ビジネスに活用しましょう。(マガジンID:0000132694)

メールアドレス:

キャラクター販促415 判官贔屓

私たちが商品をアピールするとき、ついつい良い所を強調してしまいます。


嘘をついている訳ではないのですが、欠点にはあえて触れずに
良いところだけを取り上げがちですね。


しかし、お客様の立場になってみれば、
それが嘘くさい事だと気づくはずです。


完璧な商品なんてありません。そんな事は誰でも知っています。


だから、あなたが「良い」と言えば言うほど
嘘ついているんじゃないかってお客様は疑うのです。


判官贔屓という言葉をご存知でしょうか?


平家討伐に武勲をあげたのにもかかわらず、
その人気と才能を恐れた頼朝により追い詰められ、
最後は自殺に追い込まれた義経に対する庶民からの同情を表した言葉です。


転じて、弱いものを無批判に支持する心情の事なんですが、
強者に対する批判的な心情と裏返しです。


つまりあなたが「これはすごい」と言い続ければ言い続けるほど、
お客様は反発を覚える可能性もあるわけです。
(反面、権威や勝者への賞賛も持っていますから、一概には言えない)


だから「これはこんなに素晴らしいのですが、
こういう欠点があります。だからこういう人には向きません
(あるいは、こういう回避策があります)」と
正直に説明したほうが好感を得やすいのです。


特にあなたが大企業に対するアンチの立場だったら、
判官贔屓もあって、間違いなく支持を得られるでしょう。


さらにその過程をキャラクターで表現してあげれば、効果倍増です。


キャラクターもちょっととぼけた感じくらいの方がいいのかもしれません。

参考になれば幸いです。

Posted by born1963 : 15:05 | Page Top ▲

無料メールマガジン「クチコミを生むキャラクター販促活用術」

キャラクターを使った販促の方法を紹介しています。 キャラクターの持つチカラを紐解き、ビジネスに活用しましょう。(マガジンID:0000132694)

メールアドレス: