トップページ >キャラクター > メールマガジン5> キャラクター販促413 見た目

無料メールマガジン「クチコミを生むキャラクター販促活用術」

キャラクターを使った販促の方法を紹介しています。 キャラクターの持つチカラを紐解き、ビジネスに活用しましょう。(マガジンID:0000132694)

メールアドレス:

キャラクター販促413 見た目

前回の「姿」というのは、見た目ではなく、
キャラクターで何を表現するのかという根本的なお話でしたね。


それでは、今回は実際の見た目についてご紹介したいと思います。


長いことこういう仕事をしていますと、
ダメだなぁというのは、そのキャラクターが失敗するということですね。


それはどんな時かというと、担当者がこちらの説明も聞かず、
単に好き嫌いを押し付けてくる時です。


ごくまれにその場に居合わせた人間が理屈じゃなく感覚で一致して
よしっ! これだっ! って盛り上がって、成功する事もありますが、
担当者一人が好き嫌いを言っている場合は、まずありません。


なぜかというと成功するキャラクターには外見上の法則があるからです。
もちろんその法則に縛られて作ったからって、いいキャラクターができる
というわけではありません。


しかし、少なくとも良いキャラクターを作る上で、
その法則を知っているのと知らないのでは成功する確率が違ってきます。


では、良いキャラクター、
成功するキャラクターの法則とはなんでしょう?


それは、シルエットで見てそれと分かること。


なにもデザインに限ったことではありません。
立ち姿や特徴的なポーズなど、なんでもいいのですが、
シルエットを見ただけでそのキャラクターだとわかるというのが理想です。


わかりやすい例がミッキーマウスやオバQ。
デザインが特徴的でシルエットを見ただけですぐにわかりますよね。


また、ポーズで特徴を出している典型がスパイダーマン。
シルエットはただの人間ですが、あの低く構える気持ちの悪い姿勢は
誰が見てもスパイダーマンです。


簡単にできることではありませんが、
シルエットが特徴的なキャラクターが作れたら、
まず失敗しないと思っていいと思います。


これはキャラクターに限らず、ロゴやマークにも使える法則です。


コンピューターを始めとする技術の発達で、
カラフルでグラデーションを多用したドラスティック(劇的)な
デザインが増えていますが、ああいうのはダメな場合が多いです。


・名刺や封筒に入れた時、潰れませんか?
・伝票やFAX、モノクロで使う場合は大丈夫ですか?
・今流行りの特徴が入ってないですか?


例えばiPhone。今度の新しいOS、iOS7からアイコンが変わります。
以前は透明感のあるガラスボタンの様な立体的なデザインでした。


しかしiOS7からは平面的なデザインに変わります。
つまり、今この時点でガラスボタンの様なデザインなら
来年には古臭く感じること間違いありません。


参考になれば幸いです。

Posted by born1963 : 10:15 | Page Top ▲

無料メールマガジン「クチコミを生むキャラクター販促活用術」

キャラクターを使った販促の方法を紹介しています。 キャラクターの持つチカラを紐解き、ビジネスに活用しましょう。(マガジンID:0000132694)

メールアドレス: