トップページ >キャラクター > メールマガジン5> キャラクター販促409 一歩

無料メールマガジン「クチコミを生むキャラクター販促活用術」

キャラクターを使った販促の方法を紹介しています。 キャラクターの持つチカラを紐解き、ビジネスに活用しましょう。(マガジンID:0000132694)

メールアドレス:

キャラクター販促409 一歩

POPやチラシなどでキャラクターを使えば
アイキャッチになって伝わりやすいという事を書いてきました。


なぜアイキャッチになるかというと、
人間は人の顔らしきモノに反応するからですね。


さらに楽しそうなものにも反応しますし、
話し言葉の方が伝わりやすいということもあります。


では、反応から一歩進めてより伝わるようにするにはどうするか?
キャラクターを含めて考えてみたいと思います。


ひとつにはコピーの工夫ですね。


商品の特徴を述べるのではなく、
商品を使うことでお客様が得られるメリットを訴求する。


例えば、柔軟剤入り洗剤だったら「柔軟剤入り」が特徴ですが、
メリットは「洗濯するだけでフワフワになる」って感じでしょうか。


そして、その特徴を象徴するようなキャラクターにする。


例えば、柔軟剤入り洗剤だったら、フワフワをイメージするような
クマのぬいぐるみ(ファーファ)とかですね。


すでに自社のキャラクターがあって、商品に特化することができない場合は、
その特徴を取り入れたバージョンを作ると良いでしょう。


例えば、クマの着ぐるみを着せる(キティちゃんがよくやってますね)とか、
タオルケットを持たせて顔にスリスリさせるとかですね。


それでもPOPは読んでもらいにくいのなら、
さらに一歩進めて(チラシはできませんが)音声を導入しましょう。


「洗濯するだけでフワフワだよ」って感じですが、
それもできれば子供の声の方がいいですね。
子供の声(高い声)には、人の気を引く効果がありますから。


もちろん、音の届く範囲はかなりシビアに調整する必要があります。
ご存知ない方が多いのですが、音量と方向性で音というのは
かなり厳密に限られた範囲でしか聞こえないようにできるのです。


是非、試してみてください。


参考になれば幸いです。

Posted by born1963 : 11:57 | Page Top ▲

無料メールマガジン「クチコミを生むキャラクター販促活用術」

キャラクターを使った販促の方法を紹介しています。 キャラクターの持つチカラを紐解き、ビジネスに活用しましょう。(マガジンID:0000132694)

メールアドレス: