トップページ >キャラクター > メールマガジン5> キャラクター販促405 し好2

無料メールマガジン「クチコミを生むキャラクター販促活用術」

キャラクターを使った販促の方法を紹介しています。 キャラクターの持つチカラを紐解き、ビジネスに活用しましょう。(マガジンID:0000132694)

メールアドレス:

キャラクター販促405 し好2


以前「あきたこまち」の袋が萌えキャラになったら、
爆発的にヒットしたという話をご紹介した記憶があります。


だったら、前回お伝えした「オレたちのゆきこたんプロジェクト」も
大丈夫なんじゃないかという考えもあるかと思います。


だったら、前回お伝えした「オレたちのゆきこたんプロジェクト」も
大丈夫なんじゃないかという考えもあるかと思います。


しかし、萌えキャラが相応しいかどうかは、客層によります。


あきたこまちは直接買う人は、一人暮らしの方か
家族持ちの場合は多くが主婦でしょう。


この場合は萌えキャラでも問題ありません。
主婦は萌えキャラでも平気ですから。


むしろニュースなどで取り上げられて話題になったのなら、
買ってみようかしらくらいのことは考えます。


それで買ってよければブランドチェンジも起こりえます。


その場合、萌えキャラというアイコンは強いですよね。
類似するパッケージがないわけですから。


そして独身男性のある特定層にはブランドチェンジを起こさせないくらい
強い影響力を持つでしょうね。


しかし、コーヒー牛乳はどうでしょうか?


スーパーならお米とほぼ同じでしょう。ここは問題なし。


問題は駅売店やコンビニで買う人の多くは中高年の男性だろうと言うこと。
(ちゃんとした調査をしていないので、予想ですが)


一部のヲタクを除いては、萌えキャラは恥ずかしい
と思うのじゃないでしょうか?


この駅やコンビニでの流通量が多かった場合、
新しいお客を取り込むよりも先に、既存客の商品離れが起こりえます。


これが前回話した危険性ですね。

参考になれば幸いです。

Posted by born1963 : 23:14 | Page Top ▲

無料メールマガジン「クチコミを生むキャラクター販促活用術」

キャラクターを使った販促の方法を紹介しています。 キャラクターの持つチカラを紐解き、ビジネスに活用しましょう。(マガジンID:0000132694)

メールアドレス: