トップページ >キャラクター > メールマガジン5> キャラクター販促401 私のため?

無料メールマガジン「クチコミを生むキャラクター販促活用術」

キャラクターを使った販促の方法を紹介しています。 キャラクターの持つチカラを紐解き、ビジネスに活用しましょう。(マガジンID:0000132694)

メールアドレス:

キャラクター販促401 私のため?

先日、私が友人と手がけたフェイスマスク「puru-hime(ぷるひめ)」の
スポンサーさんが協賛した「女子大生による女子大生のためのイベント」が
原宿でありました。


当然、見に行って来たのですが、ステージで商品開発を手伝ってくれた
女子大生や読モの方々と、イメージキャラクターを勤めるモデルさんに
開発秘話などを語っていただきました。


その後、女子大生、読モの方々、イメージキャラクターのモデルさんで
手分けして会場にいる参加者の女子大生に商品を配布しました。


私は写真を撮りながら会場の反応を見ていたのですが、
パッケージが可愛いからか、あるいはステージ上で憧れのモデルさんが、
話してくれた開発秘話を確認したいからか、
受け取った商品を何度も何度も見返す人が多かったようです。


また、問屋からの情報も聞けました。
まだまだ全国に流通している情況ではないのですが、
埼玉の方で発売後数日で売り切れて追加発注が来ているそうです。


本格的には来月からですが、手応えは上々というところでしょうか。


私も含め制作側は素人の集団です(工場を持つメーカーはもちろんプロですが)
が、こういう結果が出て来ているのは、カタチだけでなく、
本気で女子大生の声を徹底的に拾ったからだと思います。


プロならあんなパッケージはデザインしません。
花で作ったハートなんて、あまりにもベタで提案するのも恥ずかしいですから。


しかし、彼女達が持ち歩いてもいいと思うパッケージはそれだったのです。
当然、花の種類や色も彼女達の意見が反映されています。


もちろん、自社商品の開発なんてできない会社もあるでしょう。
ていうか、違う商売も多いですよね。


その場合でも、このやり方は役に立ちます。


『もしドラ』のドラッカーは

“完璧な広告とは、読者が読んだ時に
「これは私のために書いてくれた物だ!」
と言ってしまう広告で
と語っています。


つまり、お客さんに合った商品、オファーを提供する事ですね。


お客さんが抱えている問題は何なのか?
と考えてみるのが近道かもしれません。


参考になれば幸いです。

Posted by born1963 : 11:29 | Page Top ▲

無料メールマガジン「クチコミを生むキャラクター販促活用術」

キャラクターを使った販促の方法を紹介しています。 キャラクターの持つチカラを紐解き、ビジネスに活用しましょう。(マガジンID:0000132694)

メールアドレス: