トップページ >キャラクター > メールマガジン4> キャラクター販促392 趣味

無料メールマガジン「クチコミを生むキャラクター販促活用術」

キャラクターを使った販促の方法を紹介しています。 キャラクターの持つチカラを紐解き、ビジネスに活用しましょう。(マガジンID:0000132694)

メールアドレス:

キャラクター販促392 趣味

土曜日の千葉は18時以降の雨という予報だったので
バイク仲間と南房総へ行ってきました。


そうしたら、14時頃から本降り・・・。
久しぶりの雨中行軍となりました。


まぁ、それでもみんなカッパを着ながらニコニコしていたのは、
バイク乗りって人種にどこか苦痛を求める性質があるのかもしれません。


冒頭部分に私の趣味であるバイクについて書いてますが、
前回までの流れで行けば、「バリアフリー展」ですよね?


そっちは編集後記の方に書きますけど、
今回バイクの話を前に持って来たのは理由があります。


それは、冒頭からの流れで本題につなげたかったから(笑)
本題で度々趣味の事を書く意味をお伝えしたかったのです。


趣味の話を書く理由として皆さんが思いつくのは、
私個人の人となりを見てもらいたい、
親近感を持ってもらいたいと言うところでしょう。


それはまず間違いなくあるのですが、
もうひとつ大きな理由があります。


私は個人的に、趣味を持つ事が非常に重要だと考えています。
なぜなら、趣味の世界では純粋に消費者になれるから。


これ、とっても重要で、ビジネスだけで考えると
つい、経済合理性で消費を判断してしまうんですね。


そうなるとお客様個人個人ではなく市場という顔のないはずのモノの
顔色をうかがう様になってしまうと思うのです。


それがソニーの不調だったり、シャープの失敗だったりの遠因だと思います。


趣味の世界では人はワガママです。
少ない小遣いでやりくりしていても、
第三者から見たら驚く様な事、モノに、驚く様なお金を使います。


例えば私たち中高年のバイク乗りは、
ツーリング先でよく地域貢献と称してソフトクリームを食べます。


大体350円くらいと商店街のお店で食べるより高めの値段、
しかも土曜日の様な寒い雨の日でも、寒いと文句を言いながら食べてます。


なぜだろうと意識すると、普段なら食べないであろうソフトを食べるのは、
好きでも恥ずかしかったりしてできないことが、
旅の恥はかきすてではないけど、見られても知り合いじゃないし、
集団心理が働いたりしてできるのだと分かります。


とすると、見れても恥ずかしくない環境をつくってあげると売れるとか、
お客様の替わりに仲間を集めてあげると売れる環境が整うとか、
そう言う事が想像できます。


もちろんキャラクターだって、自分の趣味を通してみれば、
こういう使い方ならOKだけど、こんな風にされたらウザいとか
分かる様になります。


参考になれば幸いです。

Posted by born1963 : 16:45 | Page Top ▲

無料メールマガジン「クチコミを生むキャラクター販促活用術」

キャラクターを使った販促の方法を紹介しています。 キャラクターの持つチカラを紐解き、ビジネスに活用しましょう。(マガジンID:0000132694)

メールアドレス: