トップページ >よむべき書籍 > マーケティング> ネット系ビジネスの怪しさをバッサリ切り捨てた快著

無料メールマガジン「クチコミを生むキャラクター販促活用術」

キャラクターを使った販促の方法を紹介しています。 キャラクターの持つチカラを紐解き、ビジネスに活用しましょう。(マガジンID:0000132694)

メールアドレス:

ネット系ビジネスの怪しさをバッサリ切り捨てた快著

『ソーシャルもうええねん』
ソーシャルもうええねん
Amazonより

もともとは著者が書き綴ったブログをベースに時事ネタを排除し、
書籍用に加筆修正してできた本らしいです。

価格は980円ですが、内容的には1300円の価値アリですな。
ていうか出版社は1400くらいの値つけを考えていたようですが、
著者が広く読んでいただきたいとこの値段になったとか。


内容は大きくわけて2つ。

前半はSNS(ソーシャルネットワークサービス)の問題点、
ウソを暴露しつつ、その有用性もしっかりと書いています。

特にSNSの問題点やウソを書いた本が少ないだけに、この本は希少です。
そして、その問題点をキチンと把握してあるが故に、
SNSの限界も有効性も正しく評価できるのだと思います。

モバゲーとかグリーとかネットワークゲームも広義のSNSですが、
彼らが客を集めるのになぜテレビCMを使うのか?
そのあたりも解りやすく解説してくれています。

後半は、プログラマーとして大手企業で働いて独立し、
今までの経過をまとめたもの。

これには教わることが沢山ありました。
曰く、お金をもらって仕事として学習した方がスキルが上がる
曰く、適当なヌルを突っ込んでコンパイルする勇気
曰く、競争は最大のコストである
曰く、顔色を見ないプロジェクトは破綻する
曰く、ネットでつくウソはタダ(セミナー講師やFX系などの怪しい話をバッサリ)

特に顔を見ないとダメだというのは、最近富みに感じているので、
非常に参考になりました。

『ソーシャルもうええねん』はネーミングの秀逸さ、
価格設定の戦略性、肝心の内容、何れをとっても「よくやった!」と
快哉を叫びたい久しぶりの秀作です。

Posted by born1963 : 16:33 | Page Top ▲

無料メールマガジン「クチコミを生むキャラクター販促活用術」

キャラクターを使った販促の方法を紹介しています。 キャラクターの持つチカラを紐解き、ビジネスに活用しましょう。(マガジンID:0000132694)

メールアドレス: