トップページ >キャラクター > メールマガジン4> キャラクター販促375 常識?

無料メールマガジン「クチコミを生むキャラクター販促活用術」

キャラクターを使った販促の方法を紹介しています。 キャラクターの持つチカラを紐解き、ビジネスに活用しましょう。(マガジンID:0000132694)

メールアドレス:

キャラクター販促375 常識?

先日、お取引先にご招待いただいて、
築地市場の場外でお寿司をご相伴にあずかりました。

ちょっと不思議じゃないですか?
「取引先にご招待いただいた」とありますよね。


「取引先」=「お客様」ですから、通常は私がご招待する側ですね。
でも、ご招待いただいたんです。しかもその前にもご招待いただいてます。


なぜそんな事になっているかというと、
面映いですが、感謝されているからです。


実は、私もそれが不思議だったのですが、
この前のご招待の席でやっとその原因がわかりました。


そのお客様とは、代理店を介さず、直接取引させて頂いています。


仕事の内容はVI(ヴィジュアルアイデンティティ)に始まり、
ホームページの制作等をやらせてもらっているのですが、
提案の度に企画書を作り、お客様の要望を反映して制作しています。


私は広告代理店からの仕事が多いもので、それが普通なんですが、
そのお客様と従来取引のあった業者さん(名刺等の印刷物や、
ホームページ制作会社など)ではそんな事が一切無かった様なんですね。


聞いた話では、ご担当者が私の仕事の仕方に感動していたそうです。


そうなると価格交渉なんてほとんどありません。
名刺など、おそらくは以前の倍以上の価格になっていると思いますが、
一度も高いと言われたことがありません。


これは決して自慢しようとかそういう事ではありません。
あなたが当たり前と思っていることが、実は凄い事だったりするのです。


飲み友達でも誰でもいいですから、
ちょっと仕事の話を聞いてもらってください。


あなたが当たり前と思っていることが、
実は凄い事だったというのが発見できると思います。


そして今までとちょっと違うお客様にアプローチして見ましょう。
今までと全く違った情況になっていると思いますよ。


参考になれば幸いです。

Posted by born1963 : 15:57 | Page Top ▲

無料メールマガジン「クチコミを生むキャラクター販促活用術」

キャラクターを使った販促の方法を紹介しています。 キャラクターの持つチカラを紐解き、ビジネスに活用しましょう。(マガジンID:0000132694)

メールアドレス: