トップページ >キャラクター > メールマガジン4> キャラクター販促373 コツ

無料メールマガジン「クチコミを生むキャラクター販促活用術」

キャラクターを使った販促の方法を紹介しています。 キャラクターの持つチカラを紐解き、ビジネスに活用しましょう。(マガジンID:0000132694)

メールアドレス:

キャラクター販促373 コツ


この時期になると出てくるのが年賀状ネタ。
370号でもキャラクターに売り込みをさせたらダメですよ〜
って書きましたけど、反応を良くするコツは書いてなかったですよね。


実はクリスマスカードや年賀状の反応を良くするコツがあるのです。


一つは思い切って年賀状をやめるという選択。
その代わりにクリスマスカードや年が明けて営業日を過ぎた頃に
寒中見舞いを出すという方法ですね。


年賀状は皆さん出していますが、意外にもクリスマスカードは少ないのです。
ファンシーショップでも沢山売られている様に思いますが、
あれってプレゼントに同梱するのがほとんどです。


そうやって、他がやってないから目立つというのも一つの手ですが、
もう一つ、よそ様と同じタイミングで年賀状を出しても
反応が上がる方法があります。


それは個々のお客さまに向けて、個別のメッセージを書くこと。


「昨年はお世話になりました。本年も一層のお引き立てをお願いします」
では、たとえ手書きで書いたとしても印刷と五十歩百歩。


それならば、そのお客さまだけのこと、例えば
「今年はお孫さんが小学校にご進学ですよね。おめでとうございます」
とかの方が何倍も喜んでもらえて、お客さまの記憶にも残りますよね。


もちろん、お客さま一人一人のことはそれほど多く知らない場合もあります。
そんな場合はどうするのか?


単純にお客さまとの接触したその時を思い出してください。
どんな事をしゃべりました?服装は?季節は?


なにかその一つを書けばいいのです。例えば
「最初にご来店いただいた●月でしたが、
以来●ヶ月も御贔屓いただきありがとうございます。」とか。


この程度でも「あぁ、そういえばそうだな」等、
お客さまの印象に残りますよね。


そのときの天気でもお客さまの服でも覚えていたら
よりいっそうお客さまの臨場感があがりますよね。


確かに手間はかかりますが、今から始めれば不可能ではないですよね。
毎日30分程度の時間を割けば10枚は書けると思いますよ。


参考になれば幸いです。

Posted by born1963 : 16:36 | Page Top ▲

無料メールマガジン「クチコミを生むキャラクター販促活用術」

キャラクターを使った販促の方法を紹介しています。 キャラクターの持つチカラを紐解き、ビジネスに活用しましょう。(マガジンID:0000132694)

メールアドレス: