トップページ >キャラクター > メールマガジン4> キャラクター販促371 フィクションだけど

無料メールマガジン「クチコミを生むキャラクター販促活用術」

キャラクターを使った販促の方法を紹介しています。 キャラクターの持つチカラを紐解き、ビジネスに活用しましょう。(マガジンID:0000132694)

メールアドレス:

キャラクター販促371 フィクションだけど

前回、キャラクターに売り込ませたらダメ。
キャラクターにさせるのは商品の説明くらいまで。
と書いたのですが、イマイチ解りづらかったようですね。


なのでもう少し具体的に、前回とりあげたミッキーマウスを
また使って説明しましょう。


想像してください。


ディズニーランドに行って、向こうから
ミッキーマウスが手を振りながらやって来る。


ハグしてもらおうと近づいたら、手にお菓子の缶を持っていて
「これ、僕のクッキー。美味しいから買って。」って言われたら・・・。


ね、嫌でしょう。


とうのが前回書いた嫌な例ですね。


それではキャラクターにさせるのは精々商品の説明まで
ってどういう事かというと・・・


本当のディズニーキャラクターが販促することはありませんが、
ディズニーランドのストアの付近でキャラクターが
お愛想を振りまいているということは実際にあります。


例えば、そのキャラクターのうちの1人が、
土産物を2つ手にとって悩んでいるお客さんを見つけて、
ジェスチャーで「この箱に僕が描かれている」と説明したら、
別に嫌な気持ちはしないですよね。


実際にディズニーストアではそんな事をしませんが、
そんな事があれば、きっと買っちゃうんじゃないですか?
キャラクターはそういう風に使ってほしいんです。


例えばミッキーのクッキーに
「ここだけでしか手に入らないミッキーのクッキー 1缶1000円」
と言う値札POPがあるとします。


少し値札POPと離した位置に
「クッキーが僕のシルエットなんだよ」って
ミッキーが喋ってるPOPを別に置く感じですね。


もうちょっとつっこんで商品説明するとしたら、ミッキーの台詞が
「小さなお友達にも食べてもらえる国産の材料でつくったんだって」
というところくらいまででしょうか。
(あくまでも例としてフィクションで書いたもので、
こういう事例があるということではありません)


今日書いた内容は非常に重要ですので、
できるだけそのシーンをイメージして読んでくださいね。

参考になれば幸いです。

Posted by born1963 : 17:57 | Page Top ▲

無料メールマガジン「クチコミを生むキャラクター販促活用術」

キャラクターを使った販促の方法を紹介しています。 キャラクターの持つチカラを紐解き、ビジネスに活用しましょう。(マガジンID:0000132694)

メールアドレス: