無料メールマガジン「クチコミを生むキャラクター販促活用術」

キャラクターを使った販促の方法を紹介しています。 キャラクターの持つチカラを紐解き、ビジネスに活用しましょう。(マガジンID:0000132694)

メールアドレス:

キャクター販促370 DM

これからの時期は、クリスマス、年賀状、それぞれの商戦と
キャラクターが活躍しますが、今まで何度も書いているように
キャラクターに売り込ませたらダメですよ〜。


なぜかって言うと、人は売り込まれるの嫌いですからね。


その嫌いな事のシンボルにキャラクターがなってしまうと、
なまじキャラクターに力があるだけ、余計に悪印象が強くなるわけです。


想像してください。ディズニーランドに行って、向こうから
ミッキーマウスが手を振りながらやって来る。


ハグしてもらおうと近づいたら、手にお菓子の缶を持っていて
「これ、僕のクッキー。美味しいから買って。」って言われたら。


ね、嫌でしょう。


じゃ、どうしたら良いかというと、
キャラクターにさせるのは商品の説明くらいまで。


それも商品を説明すると言うよりも、お客様の興味のありそうなことで
疑問に思ってそうなことに答えてあげるというスタンスが望ましい。


ある種の専門家に仕立て上げるわけですね。


普段はそれもせずに、挨拶したり自分の事を語らせたりするくらいでもいい。
そして定期的にDMを出すのです。


このDMは全く商品の話をしません。
ただ、キャラクターに季節ネタやウンチクを語らせるだけ。


一見、無駄なことのように思えますが、こういうDMを繰り返し出した後、
例えばセールのDMを出したりすると反応が違ってきます。


普段、お客様との接触機会を設けず、セールの時だけDMを出すと、
あなたからのDMはお客様にとって売り込みとイコールですから、
見かけただけでゴミ箱行きです。


ところが、キャラクターが色々と教えてくれたり、
クスッとするネタを披露してくれるDMなら、
一定の割合で目を通すお客様が出てくるのです。


そういうお客様にとっては、あなたからのDMは決して
ゴミ箱直行ではないので、セールのDMにも目を通してもらえるのです。


普段からお客様と接触機会を設ける。


その手段としてキャラクターを使ってもらえると
効果が高いと思います。


参考になれば幸いです。

Posted by born1963 : 10:36 | Page Top ▲

無料メールマガジン「クチコミを生むキャラクター販促活用術」

キャラクターを使った販促の方法を紹介しています。 キャラクターの持つチカラを紐解き、ビジネスに活用しましょう。(マガジンID:0000132694)

メールアドレス: