トップページ >キャラクター > メールマガジン4> キャラクター販促364 普通?

無料メールマガジン「クチコミを生むキャラクター販促活用術」

キャラクターを使った販促の方法を紹介しています。 キャラクターの持つチカラを紐解き、ビジネスに活用しましょう。(マガジンID:0000132694)

メールアドレス:

キャラクター販促364 普通?

私達デザイナーがデザインを学んだ頃、先輩たちに
「普通というものはない」と言われました。


「普通」とは、「普通○○するよね?」とか
「普通の感覚だと○○だよね」とか言う時に使う「普通」です。


「常識」に置き換えてもいいかもしれません。


その「普通」なり「常識」なりをないものとして考えろと言われたのです。


それには幾つかの意味があって、若いころは「普通」から発想したら
「普通」のものしか出てこないくらいの意味だと思ってました。


ところがある程度経験を積んで、デザインよりももっと大きな枠で
考えるようになると、本当に「普通」とか「常識」というものは
存在しないんだという事がわかるようになります。


私達が日常的に使っている「普通」とか「常識」って言葉は
実は多くの人の共通の認識ではなく、
単に「あなた」や「私」の常識に過ぎないのです。


例えば先日「サンマのまんま」というテレビ番組で
ゲストにAKBの姉妹グループNMB48というアイドルグループが出演していました。


その時に引率役として南海キャンディーズの山里さんが同行していたのです。


それで話が盛り上がり、サンマさんとNMBの女の子達が親しくなり、
サンマさんが「おまえ」と、ひとりの女の子を呼びました。


これには山里さんもビックリして「何、急に彼氏ぶってるんですか!」
とツッコミを入れました。


その場は流されたんですが、また同じ事がありました。


“普通”二度も同じ失礼なことをゲストに言ったら、
多少は空気が悪くなるものですが、NMBの女の子達はニコニコしていました。


実は大阪では男性が同輩や目下の者に「おまえ」というのは
特に変わったことではなく、特に親しい間柄ではよくあることなのです。


ですから彼女達にとっては大先輩のサンマさんに「君ら」と呼ばれるよりも
むしろ「おまえ」と呼ばれる方が距離が近く感じられて嬉しいことだったのです。


まぁ、テレビでは事情を知った山里さんがサンマさんの真似をして
NMBの女の子たちに「おまえ」と呼んで「なんか違う」と拒否される
というオチになっているのですが(笑)


このようにあなたの考える「普通」とか「常識」と言うのは、
あなたの育った環境(もっと言えば家庭)での「普通」「常識」であり、
お客様の「普通」や「常識」とは違う事が多々あるのです。


これ、ものすごく大切なことなんです。


話が通じない、伝わらないという場合、この「普通」や「常識」が
違っていることが違っているという場合が多いのです。


ですから私達がチラシやPOPを書く時には、この「普通」や「常識」を
排除して、お客様にとっての普通や常識に思いを馳せて書く必要があります。


キャラクターの台詞でも一緒です。


そこは慎重にしないと、温厚なイメージキャラクターのはずが、
毒舌のキャラクターになって、お店や企業のイメージを
逆に悪化させることもあるかもしれませんよ。


参考になれば幸いです。

Posted by born1963 : 16:22 | Page Top ▲

無料メールマガジン「クチコミを生むキャラクター販促活用術」

キャラクターを使った販促の方法を紹介しています。 キャラクターの持つチカラを紐解き、ビジネスに活用しましょう。(マガジンID:0000132694)

メールアドレス: