トップページ >キャラクター > メールマガジン4> キャラクター販促363 コンタクト

無料メールマガジン「クチコミを生むキャラクター販促活用術」

キャラクターを使った販促の方法を紹介しています。 キャラクターの持つチカラを紐解き、ビジネスに活用しましょう。(マガジンID:0000132694)

メールアドレス:

キャラクター販促363 コンタクト

前回、アップルとサムソンの訴訟を話題にしたんですが、
アップルとサムソンとの大きな違いと言えば、ファンの多さです。


サムソンのユーザーの場合、サムソンブランドに憧れて購入する人は
それほど多くないと思います。


方やアップルは信者とも言えるような熱狂的なユーザーに支えられています。


それはiPhoneユーザーがiPhoneの事を携帯とかスマホとか言わずに、
iPhoneと読んでいることでも明らかです。


つまりiPhoneはiPhoneであって、他の携帯とは違うということですね。


これは顧客満足度が桁違いに高いということです。


一度こう言う経験をすると、そのお客様はリピーターになります。
次もアップル社製品を購入する可能性が高いのです。


実際、タブレットPCならiPadが圧倒来なシェアですし、
自宅用のパソコンにMacを買う人が増えています。


しかし、アップルのような他と決定的に違う体験を売ることは難しい。
誰でも簡単に出来ることではありません。


そういう圧倒的多数のアップルになれない企業はどうするか?

一度ご購入いただいたお客様にはコンタクトをとり続けるのです。


なぜなら、お客様が一度ご来店いただいた後、来られなくなる最大の理由は
なにかトラブルとかではなく、単純に忘れているからです。


例えばあなたが今年買い物をしたお店、
特にネットショップだと分かりやすいですが、
2回以上買い物をしたお店は何軒ありますか?


そして1回しか買わなかった理由は何でしょう?


あるいは、一度買い物しただけの店を
どれくらいの数覚えているでしょうか?


ね、お分かりになったでしょう。
繰り返し商品を買ってもらえない理由は、単純に、忘れられている。


だからまずは、継続して何度もコンタクトをとることが重要です。


そしてその度にキャラクターを使えば、
覚えていただける可能性が高まります。

あと継続してアクセスする理由のもう一つは、
お客様はご自身のタイミングでしか買い物をしないということです。


あなたがバーゲンをしようが何をしようが、
お客様が必要とされたタイミンでしかご購入いただけません。


だからそのタイミングが来るまで何度もコンタクトを取る必要があるのです。


あとは飽きられない工夫をしてください。


キャラクターなら季節ごとのコスチュ-ムや毎月の催事のコスチュームなど、
見せるだけでも楽しいじゃないですか?


演出家になったつもりでになったつもりで、
「どうすればお客様を楽しませることができるか」
を考えてみてください。


参考になれば幸いです。

Posted by born1963 : 12:56 | Page Top ▲

無料メールマガジン「クチコミを生むキャラクター販促活用術」

キャラクターを使った販促の方法を紹介しています。 キャラクターの持つチカラを紐解き、ビジネスに活用しましょう。(マガジンID:0000132694)

メールアドレス: