トップページ >キャラクター > メールマガジン4> キャラクター販促353 効用

無料メールマガジン「クチコミを生むキャラクター販促活用術」

キャラクターを使った販促の方法を紹介しています。 キャラクターの持つチカラを紐解き、ビジネスに活用しましょう。(マガジンID:0000132694)

メールアドレス:

キャラクター販促353 効用

前回は5年で売り上げ10倍?というテーマで、「日経MJ」紙に載っていた
「ファーファ」という洗剤がキャラクターで大幅に売上を伸ばした
というお話でした。


では、ファーファの様なことがなぜ起こるのでしょうか?


それが分からないと、なかなかキャラクター導入に踏み切れないですよね。


幾つかの要素はあるかと思うのですが、
背景にあるのは「何を買っても一緒」「どこで買っても一緒」
とお客様が考えていることです。


特に工業製品にその傾向が強いですが、今の時代、
どこのメーカーの商品を買っても大差ないよねと、お客様は考えています。


そして小売に関してはもっと明確で、商品は全く同じものなわけですから、
何処で(どの店で)買っても一緒だよねと、当然思っています。


だからコンサルタントは
「選ぶ基準を消費者に教えてあげなさい」
というわけです。


そうすれば、お客様の信用を勝ち得て、
あなたのお店で買うようになるという理屈ですね。


それは正しいのですが、まぁ、実際にやってみると逃げられます(苦笑)


ご自身が客の立場になれば明確ですが、
お店の人が何か言うと説得されているような気になるでしょ?


お客様に教えると言ったところで、お客様が疑問に思わなかったり、
不満を感じていたり、なにがしら聞こうという気持ちがなければ
店やメーカーの言うことに耳を傾けたりしません。


そこでキャラクターなんですね。


キャラクターがあるだけでお客様(特に女性)は心を開きます。


アンケート用紙をキャラクターが質問するカタチにするだけで、
キャラクターと話しながら(つまり独り言)回答する方も沢山います。


そして理屈よりも強い感情にも働きかけられるのです。


ファーファならあのくまの絵で「可愛い」と手に取る。
(柔軟剤ではなく洗剤なのに)「洗濯物がフワフワになりそう」
って買っていくんですね。


そこにちょっとした裏付けが入っていれば、余計に説得力が増しますね。


これがキャラクターの効用です。


参考になれば幸いです。

Posted by born1963 : 10:42 | Page Top ▲

無料メールマガジン「クチコミを生むキャラクター販促活用術」

キャラクターを使った販促の方法を紹介しています。 キャラクターの持つチカラを紐解き、ビジネスに活用しましょう。(マガジンID:0000132694)

メールアドレス: