トップページ >キャラクター > メールマガジン4> キャラクター販促351 分散と集中

無料メールマガジン「クチコミを生むキャラクター販促活用術」

キャラクターを使った販促の方法を紹介しています。 キャラクターの持つチカラを紐解き、ビジネスに活用しましょう。(マガジンID:0000132694)

メールアドレス:

キャラクター販促351 分散と集中

このところ書いていることが「別にキャラクターでなくてもいいやん」
と言われそうな内容だったので「それでもキャラクターなんだ」
という理由を説明しますね。


例えば広告。


チラシ、新聞、ラジオ、テレビ(意外と知られてませんが、
地方局やケーブルテレビならチラシを1回打つ程度の費用で
ローカル番組に毎週広告を出すことができます)、DM、ミニコミ誌、
タウンページ、駅貼り、立て看板、ティシューなどのバラマキ、
ホームページ、メールマガジン、アドセンスetc…


多くの媒体がありますね。


特に新規の集客を行う場合は、1つの媒体に集中的に広告を出すのではなく、
いくつかの媒体に分散して広告を出す必要があります。


もちろん、予算を何倍もかけろという話ではありません。


1つの媒体に集中した場合、その広告が失敗したら
一気に集客が厳しくなるからです。


しかし、複数の方法で同時に集客を行なうと、
1〜2つの媒体が失敗しても、他の方法で成功する可能性が残ります。


ただしここで問題があります。


違う媒体に広告を出した場合、お客様にそれが同じ店(会社)だと
認識してもらえるでしょうか?


予算がふんだんにあって、どんな媒体でも同じ広告を出せれば別ですが、
小さなスペースだったりすると厳しいですよね。


まして、カラーだったりモノクロだったりすると、
余計に印象が変わってしまいますから。


そこでキャラクターです。


コレまで散々書いてきた様に、キャラクターは認識されやすいのです。
見過ごされがちの小さな広告でも目に留まる確率が高くなります。


そしてそのキャラクターを新聞の折込チラシで見かけ、
数日後、配っていたティシューを受け取ると同じキャラクター、
これで完全にお客様の印象に残ります。


あとはあなたの商品やサービスが気になったら、行動に移されるでしょう。


そんなの同じ写真でもマークでも一緒だろう?
そう思ったあなた、日立のマークを覚えてますか?


参考になれば幸いです。

Posted by born1963 : 11:18 | Page Top ▲

無料メールマガジン「クチコミを生むキャラクター販促活用術」

キャラクターを使った販促の方法を紹介しています。 キャラクターの持つチカラを紐解き、ビジネスに活用しましょう。(マガジンID:0000132694)

メールアドレス: