トップページ >キャラクター > メールマガジン4> キャラクター販促348 楽しむ

無料メールマガジン「クチコミを生むキャラクター販促活用術」

キャラクターを使った販促の方法を紹介しています。 キャラクターの持つチカラを紐解き、ビジネスに活用しましょう。(マガジンID:0000132694)

メールアドレス:

キャラクター販促348 楽しむ

先日ドコモの夏の新製品はすべてスマートフォンになったと言う
ニュースが流れました。


急速にスマホが普及しているのは間違いありませんね。


私もご多分に漏れず、iPhoneを使っています。


2年縛りの関係で、iPhone4Sが登場する直前にiPhone4を購入したのですが、
この春から4SにSiriという音声認識ソフトが搭載されました。


処理能力の問題で4では使えないのか、
あるいは別にインストールしなければならないのか、
OSをアップデートしても私のiPhone4には入ってないようです。


このSiri、単なる音声認識というだけでなく、
かなりウィットに飛んだ会話ができるのだそうです。


例えば

ユーザー:「君の父親は誰?」
Siri:「あなたです。それより仕事に戻りませんか」

と軽くあしらわれたり、


ユーザー:「私のために誰かを殺してもらえますか?」
もちろん、これは冗談で聞いたそうですが、

Siri:「あなたの近所にメンタルヘルスの施設が3つあります。こちらです」
   と答え、そのリストを表示するというブラックぶり。


これはもう一種のキャラクターと言えますね。


では、どうしてこういういうウィットに飛んだ会話が
できるようにプログラムされたのでしょうか?


元々はSiri社がiPhoneだけでなく、BlackBerryやAndroidという
マルチプラットフォームに対応するソフトでした。


が、AppleがSiri社を買収後、他OS向けの開発は中止、
iOSに特化したアプリケーションになります。


ジョブス氏はSiri開発者のKittlausを自宅に呼んで
3時間も未来についてシュールな会話を交わしたと言います。


つまり、スティーブ・ジョブス氏の意向がかなり入っていると
考えて間違いないでしょう。


もともとジョブス氏のやり方は、新しい分野に進出するときには、
大きな進歩を引き起こしたと市場を驚かせることです。


例えば音楽業界に進出した時のiPodがそうですね。


それまでもMP3プレイヤーはありましたが、いわゆる好き者の商品。
メインストリームはポータブルステレオはその大きさからMDでした。
MP3プレイヤーは決してメインストリームではありませんでした。


ところが1000曲というライブラリごと持ち運べるというコンセプトと
その1000曲を検索再生しやすいインターフェイス、
さらには1曲1ドルという廉価で曲を提供するiTunesストアという
プラットフォームまで含めての提案で、あっという間に
MDを過去の遺物にしてしまいました。


例えばこの音声認識・操作ソフトにしても、
常識的な使い方なら「母の日・プレゼント・検索」
というように単語で区切って入力する方が簡単でしょうし、
間違いも少ないでしょう。


事実、Siriも当初はそういう風に開発されていたようです。


しかしティーブ氏の提案で、はるかに手間のかかる
会話形式のインターフェイスを採用したのです。


そうすることによって、大きな進歩を実感できますよね。


じゃあ、スティーブ氏はどうしてそこまでこだわったのでしょう?


ここからは推測になりますが、
きっとスティーブ氏は仕事が楽しかったのです。
仕事に夢中になっていたのだと思います。


お客さまの驚く顔を想像してニヤついていたに違いありません。
そういういたずらっ子に似た精神構造を持っていたのでしょう。


しかし、それはスティーブ氏だけの特権ではありません。


仕事は、あなたの取り組み方次第では、
最高に面白いゲームにもなるし、
拷問のような苦役にもなりうります。


選択できるのはあなた本人だけです。


どうせなら、目の前の仕事、楽しくやったほうがいいと思いません?


参考になれば幸いです。

Posted by born1963 : 15:41 | Page Top ▲

無料メールマガジン「クチコミを生むキャラクター販促活用術」

キャラクターを使った販促の方法を紹介しています。 キャラクターの持つチカラを紐解き、ビジネスに活用しましょう。(マガジンID:0000132694)

メールアドレス: