トップページ >キャラクター > メールマガジン4> キャラクター反則343 失敗

無料メールマガジン「クチコミを生むキャラクター販促活用術」

キャラクターを使った販促の方法を紹介しています。 キャラクターの持つチカラを紐解き、ビジネスに活用しましょう。(マガジンID:0000132694)

メールアドレス:

キャラクター反則343 失敗

前回のエンターテイメントの話もそうですけど、
それをすることで商品が売れたり、
認知されたりするのはなぜだと思いますか?


その理由が分かってないと、
独りよがりになって空回りすることもありますからね。


その理由は・・・



人は感情の生物だからです。

人が買い物をする時、理詰めで買い物をすることはほぼありません。


価格を比較したり、スペックを比較したりしても、
友人の勧めでコロッと違うものを買ったりします。


もっと言えば、自分が気に入ったものなら、友人に何を言われても
どう説得されても、他のものは目に入らないでしょう。


だからこそ、お客様の感情を揺さぶるような仕掛けが必要なのです。
そしてキャラクターを使う理由もそこにあります。


人間は人間の顔に反応します。
だからキャラクターで目を惹きます。


そして多くの人は実はキャラクターが好きで、
目にした時点で少し警戒感が緩んでいます。


そしてキャラクターの台詞や表情、仕草などで笑いをとります。
つまり感情を揺さぶるわけですね。


その瞬間、お客様の記憶に刻まれるわけです。


ボケるのもいいですし、失敗談を書くのもいいです。
特に失敗談は共感を得やすいので、効果的です。


是非、試していただきたいと思います。


参考になれば幸いです。


Posted by born1963 : 16:36 | Page Top ▲

無料メールマガジン「クチコミを生むキャラクター販促活用術」

キャラクターを使った販促の方法を紹介しています。 キャラクターの持つチカラを紐解き、ビジネスに活用しましょう。(マガジンID:0000132694)

メールアドレス: