トップページ >キャラクター > メールマガジン4> キャラクター販促332 ボストンの7-ELEVEN

無料メールマガジン「クチコミを生むキャラクター販促活用術」

キャラクターを使った販促の方法を紹介しています。 キャラクターの持つチカラを紐解き、ビジネスに活用しましょう。(マガジンID:0000132694)

メールアドレス:

キャラクター販促332 ボストンの7-ELEVEN

ちょっとこちらの写真を見てください。
ボストンのセブンイレブン

なんだと思います?
7-ELEVENの文字からわかるようにコンビニのセブンイレブンです。


他にもあります。



ボストンのセブンイレブン

ボストンのセブンイレブン


いずれもボストンにあるセブンイレブンです。


おそらく景観保護区域なんでしょうね。
非常に落ち着いた外観になっています。


特筆すべきはフランチャイズオーナーが独自に工夫しているのでしょう。
同じボストンで、同じセブンイレブンでもこれだけ外観が違うのです。


それでいて統一性がとれていて、不自然ではないですよね。


交差点にある店は少し派手目に。レンガ造りの建物には漆喰色の看板。
石造りに木サッシの建物には木サッシに合う色使い。


重厚なボストンの 「雰囲気」「イメージ」にマッチしていますね。


逆に日本の場合、あの悪名高き那須の景観保護区域のセブンイレブンが
その象徴ですが、ド派手な外観はそのままに、ネオンサインだけを
茶色にしてお茶を濁していました。


色こそ景観を損ねないですが、あの大きなネオンサインで、
しかも焦茶色の配色では、那須、セブンイレブン双方の「雰囲気」
「イメージ」にマッチしていないように思います。


あれってかえって悪印象だと思うのですが、いかがでしょう。


実は「雰囲気に合う」「イメージに合う」というのは、
とても大切なことなのです。


例えば那須のセブンイレブンの様に一律に考えると
なかなか、雰囲気やイメージ重視にはなりにくいものです。


法律や条例、フランチャイジーの契約などは、
なかなか一筋縄では行かないと思いますが、
ボストンのフランチャイズオーナーの様に「雰囲気」や
「イメージ」に合うものを厳選する姿勢は見習いたいですね。


そうやって、雰囲気やイメージを大切にしていくことで、
会社や店舗の方向性には一貫性が表われます。


その一貫性が、お客様にとっては何より分かりやすく、
何より信頼できるものになります。


雰囲気やイメージを無視して勝手な都合で取り入れて、
ちぐはぐな中途半端さが生まれてしまうと、
何がやりたいのか、お客様には分からなくなってしまいます。


これはキャラクターにも言えることです。
以前、キャラクターと徹底的に付き合うという話を書きましたが、
常に自社のキャラクターの雰囲気やイメージはどうあるべきかを考え、
それに絶対に合うものはどんなものか、
絶対に合わないものはどんなものかということを
しっかりと知っておく必要があります。


参考になれば幸いです。

Posted by born1963 : 15:25 | Page Top ▲

無料メールマガジン「クチコミを生むキャラクター販促活用術」

キャラクターを使った販促の方法を紹介しています。 キャラクターの持つチカラを紐解き、ビジネスに活用しましょう。(マガジンID:0000132694)

メールアドレス: