トップページ >キャラクター > メールマガジン4> キャラクター販促326 変化

無料メールマガジン「クチコミを生むキャラクター販促活用術」

キャラクターを使った販促の方法を紹介しています。 キャラクターの持つチカラを紐解き、ビジネスに活用しましょう。(マガジンID:0000132694)

メールアドレス:

キャラクター販促326 変化

前回、視覚的に驚くような体験を提供すると良いという話をしましたが、
わかりやすく説明するために視覚を出したのです。


本当は視覚以外にも効果があります。というか全ての感覚で可能です。
どういうことかというと、人は感情が変わるためにお金を使うのです。


言い換えればいい気持ちを経験したくてお金を払うということ。


私が車を買ったのも、自動車という道具が必要だからに違いありません。
しかし、すぐに買うつもりがなかったのに即決したのは、
驚くほど安い提示価格があったからです。


見に来ただけのつもりが、買い物に来たという感情の変化があったんですね。
それで一気にディーラーの罠というか本当の商談になってしまったんです。


ここで誤解しがちなんですが、安売りをしろということではありません。


私はお金を払うという痛みよりも、
いい買い物をしたという感情が勝ったからサインをしたのです。


ぶっちゃけた話、いくら安くても私が自動車に求めている機能がなければ
買いませんでしたし、ディーラーの対応が悪くてもサインはしませんでした。


逆に少しくらい高くても、もう少し考える時間は必要だったとは思いますが
(悩むのもまた楽しいですしね)きっと買ったでしょうね。


人の感情を変化させるのはお金だけではありません。


例えば外房のとあるホテルは地元の漁協と提携して、
一泊して翌早朝海岸で底引き網体験ができます。
夏には沢山の親子連れで賑わっていました。


ある電気屋は大型家電製品購入したら、
ちょうど一週間後に様子伺いの電話がかかってきます。


ディズニーランドでは子供がキャスト(職員)に道を訪ねたりしたら、
キャストはポケットから小さなシールを取り出して子供にプレゼントします。


単純に「商品」と「代金」を引き換えるだけなら、
そこに「人」が介在する必要はありません。


それこそ通信販売だけで全てが賄えますよね。


そこに人が介在する理由こそが、
人にしかできない感情の変化を与えることだと思います。

参考になれば幸いです。

Posted by born1963 : 15:18 | Page Top ▲

無料メールマガジン「クチコミを生むキャラクター販促活用術」

キャラクターを使った販促の方法を紹介しています。 キャラクターの持つチカラを紐解き、ビジネスに活用しましょう。(マガジンID:0000132694)

メールアドレス: