トップページ >キャラクター > メールマガジン4> キャラクター販促318 催事

無料メールマガジン「クチコミを生むキャラクター販促活用術」

キャラクターを使った販促の方法を紹介しています。 キャラクターの持つチカラを紐解き、ビジネスに活用しましょう。(マガジンID:0000132694)

メールアドレス:

キャラクター販促318 催事

9月30日の日経MJに面白い記事が出ていました。
「リサイクル市が盛況 アスカ・リサイクル文化社」という記事です。


高級ブランドの中古品を販売する「ブランドリセール市」が
大阪市の心斎橋パルコで25日〜30日の間、開催されたようですが、
「回を重ねるごとに認知が上がり、
最近は個人が1回で500万円買う例も出ている」とか。


しかし私が気になったのは、そこではなくてお客様へのインタビュー記事。


「普通のリサイクル店には行かない。客が少なくて入りづらいから」
(大阪府豊中市在住の49歳男性)というもの。


リサイクル市場はどんどん大きくなっているはずなのに、
街中のリサイクルショップはいつ見てもガラガラですよね。


お客さまの少ない店だと「売りつけられそう」と思ったり、
「流行ってないのはろくなものがないから」とか考えて、
なかなか入りづらいですよね。


そこまで深く考えていなくても客のいない店には入りづらいものです。


ということは、お店側としては、お客様で賑わっている状況を
作り出すことがどうしても必要になってきます。


そのために有効な手段が「催事」なんですね。


百貨店が最上階に催し場を作って手を変え品を変え
年中催事をしているのはその為です。


百貨店のように毎日はできないにしても、
定期的に催事を催すことは可能ですよね。


近隣の異業種の方々とコラボレーションを組むことで
実質的な負担は少なくて済むと思います。


そういう催事の時にキャラクターの着ぐるみがあれば、
一気に場が華やかになりますよ。


よほど特殊なものでない限り、数十万円で制作できます。
これって、チラシ1回分の費用ですよね。


着ぐるみはチラシと違って何度も何度も使えます。
長期的な視点で資金計画を立ててみてはいかがでしょうか。


参考になれば幸いです。

Posted by born1963 : 00:07 | Page Top ▲

無料メールマガジン「クチコミを生むキャラクター販促活用術」

キャラクターを使った販促の方法を紹介しています。 キャラクターの持つチカラを紐解き、ビジネスに活用しましょう。(マガジンID:0000132694)

メールアドレス: