トップページ >キャラクター > メールマガジン3> キャラクター販促284 ワクワク・ドキドキ

無料メールマガジン「クチコミを生むキャラクター販促活用術」

キャラクターを使った販促の方法を紹介しています。 キャラクターの持つチカラを紐解き、ビジネスに活用しましょう。(マガジンID:0000132694)

メールアドレス:

キャラクター販促284 ワクワク・ドキドキ

出版不況と言う言葉を聞いて、しばらく経ちます。
実際に、毎年1000件近い書店が廃業しているそうです。


私の事務所の近くにある書店も最近閉店しました。


書籍というのは再販制度で守られていて、
価格競争はなく、在庫リスクもありません。


それにも関わらず、廃業が相次ぐのはどうしてでしょう?
やっぱり豊富な在庫を揃える大型書店に勝てないということでしょうか?


ところが東京の下町に沖縄からわざわざ本を買いに来るお客様がいる
とんでもない書店があります。


「読書のすすめ」という書店なのですが、
日本中にファンがいて、お客様はみんなまとめ買いをするそうです。


「読書のすすめ」→ http://dokusume.com/modules/store/

上のホームページをご覧いただくとよく分かりますが、
店長を始め、店長が好きな著者などのオススメの本が並んでいます。


私たちは普段行く書店は多少の差はあれどこも同じような品揃えです。
しかし「読書のすすめ」さんは全く違う品揃えなんですね。


通販があるのにわざわざ飛行機に乗ってまで店にくるのは
そこにしかない楽しさがあるからだと思います。


キャラクターを作ったのに相変わらずだと言うのなら、
それはキャラクターの楽しさが伝わってないからです。


人は楽しければ集まりますし、財布の紐もゆるみますが、
逆に楽しくなければ集まらず、財布の紐も固いままです。


キャラクターを使ってお客様をワクワク・ドキドキさせる
つい笑顔がこぼれるような企画を考えてください。

参考になれば幸いです。

Posted by born1963 : 17:27 | Page Top ▲

無料メールマガジン「クチコミを生むキャラクター販促活用術」

キャラクターを使った販促の方法を紹介しています。 キャラクターの持つチカラを紐解き、ビジネスに活用しましょう。(マガジンID:0000132694)

メールアドレス: