トップページ >キャラクター > メールマガジン3> キャラクター販促280 警戒心

無料メールマガジン「クチコミを生むキャラクター販促活用術」

キャラクターを使った販促の方法を紹介しています。 キャラクターの持つチカラを紐解き、ビジネスに活用しましょう。(マガジンID:0000132694)

メールアドレス:

キャラクター販促280 警戒心

ついこの前、ニッサンが世界初の量産型EVを発表して話題になりました。


そのちょっと前にヤマダ電機で三菱のEV(アイ・ミーブ)を
発売することを発表しましたね。


沢山のディーラー網を抱える日産が三菱と同じことをするかは分かりませんが、
ヤマダ電機と三菱の英断はEVの普及に貢献すると思います。


なぜなら、EVというのはまだまだ発展途上の自動車で、
普及させるには幾つもの障害があります。


ひとつは走行距離。
満充電で200kmとか言っても実際はその6割くらいでしょう。


その上、どこでも充電できるわけではありません。


ローソンやイオンでも充電器を設置するという話がありますが、
それが普及したとしても、今度は充電する時間が問題になります。
ガソリンの様にすぐに入れられるものではありませんから。


さらに値段。
政府の補助が受けられるとは言っても小型車に300万円は高いですよね。


それでもEVを買う方達ってどういう人だろうと考えると・・・


まず、1台は車があってセカンドカーにEVを考えている。
つまりご近所の買い物等に使うにはEVでも問題ないわけですね。


次に環境意識が高く、新しいものが好きであること。
ま、これは当然ですね。


そして自宅のガレージで充電できること。
インフラが普及していない現在、自宅に停めて夜の間に充電する
とういのが現実的な使い方ですよね。


ということは郊外の一軒家を所有している人たち、
特に住宅用太陽電池パネルを導入している方とかぶるんですね。


そしてヤマダ電機は郊外に強く、
個人宅用の太陽電池パネルの販売数量日本一なんです。


つまりすでに見込客名簿を持っているわけですね。


その上、自動車ディーラーに行くのには敷居が高いですが、
家電量販店に行くのは気軽に行けます。


太陽電池パネルはまだ買ってなくても、あるいはよそで取り付けた方でも
電球を買うついでに目にすることはできますし、
好きな方なら、ちょっと触ったり、乗り込んだりするでしょう。


すでに日本一の実績を誇るヤマダ電機ですから、安心感もありますね。


そうやって顧客の警戒心を薄れさせることができれば、
少しずつでもEVは売れていくでしょう。


さて、あなたはお客様の警戒心を薄れさせる努力をしていますか?


POPなどでキャラクターが問いかけるようにすれば、
それだけでもお客様の警戒心は薄くなりますよ。


キャラクターを見て警戒する日本人はほとんどいません。


参考になれば幸いです。

Posted by born1963 : 17:33 | Page Top ▲

無料メールマガジン「クチコミを生むキャラクター販促活用術」

キャラクターを使った販促の方法を紹介しています。 キャラクターの持つチカラを紐解き、ビジネスに活用しましょう。(マガジンID:0000132694)

メールアドレス: