トップページ > 2011年01月

キャラクター販促283 ご利用は計画的に

先日の内閣改造で菅総理は完全に増税路線に舵を切ったようですが、
その前にやることがあるだろうと思ったのは私だけではないと思います。


例えば財源がないという理由で今も無料にならない高速道路ですが、
アメリカの道路予算は日本の道路予算より1割程度多いだけです。
料金収入を合わせれば日本の方が多くなります。


自動車の数、国土面積、いずれもアメリカは日本の何倍もあります。
山間部が多く地震が多いという日本の特殊事情を考慮しても異常です。


そいういう無駄遣いはキャラクターにも及んでいて、
先日、大阪の高槻市では31種類ものキャラクターを
作っていたことが発覚しました。

中には1回こっきりしか使われていない
使い捨てキャラクターもいたとか。


なかには人気の出たキャラクターもあって、
他の部署でも使いたいとオファーがあるそうですが、
それでもそのキャラクターを市のキャラクターにはしないそうです。


なんでも「人気があっても即座に市の統一キャラにできない。
市の取り組みを代表して紹介するのはどんなキャラがいいか、
市民が選んだり提案したりする機会を検討したい」


と、まだキャラクターを作りたそうな気配(苦笑)。


本当に無駄ですね。


そんな無駄をしてまでキャラクターを作ったのは、
キャラクターを使って分かりやすくPRしたかったからでしょう。


逆に言うとそれだけキャラクターは訴求力があるということです。


しかし、キャラクターというのは露出が命です。
露出が少ないと認知もされないし、利用も進みません。


ですからキャラクターを登用するには、
ある程度計画性が必要です。


キャラクターを作ったら、まずはお披露目。
そしてネーミングキャンペーンなど、お客様への参加機会を設ける。


ある程度認知が進んだら衣替えなど飽きられない施策をする。


新しい商品やサービスに合せてファミリー展開する。


等々、順を追って拡げていくことが大切です。

Posted by born1963 : 17:19 | Page Top ▲

キャラクター販促282 広告

ダイレクトレスポンスマーケティングが日本に入ってきて、
広告の質が変わったように思います。


特にここ2年ほどの急激な不況の中、
よりその傾向が強まっているような気がしています。


さすがにテレビCMはエンターテイメントしているモノが多いですが、
毎日目にする新聞の折り込みチラシなどは安売りばかり。


それはそれでいい事なのかもしれませんが、
そればかりではちょっと寂しい。。。と思います。


と言うのも自分が広告の受け手側だとして、
お得な情報は欲しいとは思いますが、自分が欲しいモノがある時だけ。
興味がないモノがいくら安くても関係ありません。


せめて見て楽しかったり、なるほどと思えたりしたらいいのですが、
安売りのチラシにそれを期待するほうが無理がありますよね。


でも、ちょっと工夫をすれば1枚のチラシが何度も活躍するんですよ。


例えば、チラシの裏にキャラクターの塗り絵を印刷する。


小さいお子様がおられるご家庭なら、かなりの確率で使われます。
そうするとそのチラシは捨てられない。


さらにその塗り絵を集めて店頭で展覧会をする。
すると当然お客様はその絵を見に集まりますよね。


さらにさらにその絵をまた小さくコピーしてPOPやチラシ、
封筒などにワンポイントで使う。


あなたが「お客」の立場で、冷静に想像してみてください。
「買ってくれ!」と連呼するチラシと「子供の塗り絵」


…どちらがお客様を心地良い気持ちにさせてくれるでしょうか?


「…でも、商品訴求をしなければ、売上げは上がらないのでは?」
と思われるかもしれませんが、そんなことはありません。


なぜなら、お客様はあなたの会社が何をしているかを知っているから。


わざわざ商品を訴求しなくても
必要になったら、真っ先にあなたの会社を思い出すでしょう。


参考になれば幸いです。

Posted by born1963 : 13:15 | Page Top ▲

キャラクター販促281 怒り

学校が冬休みになると
お子様連れのお母さんをよく見かけます。


朝、事務所に向かう電車で
同じ車両に乗り合わせることも良くあります。


私は子供の甲高い声が苦手なので、
そういう場合は読書をやめてヘッドホンで
セミナーなどの音声を聞くのですが、
先日、お母さんにしかれている子供がいました。


それも相当ヒステリックに(苦笑)


「朝から叱られてかわいそうだなぁ」
って思いながら見ていました。


もちろんヘッドホンをしているので、
声はよく聞こえていません。


それでもお母さんの怒り(相当感情的になっている)は
ビンビンと伝わってきます。


よく、コミュニケーションで言葉の占める割合は
せいぜい10%程度だと言われていますね。


つまり、言葉そのものよりも表情や
仕草で相手の気持ちが伝わってくるんですね。


私がかわいそうと思ったのは、
子どもが完全に萎縮していたからです。


さて、この時、子供はどう思っているでしょうか?
おそらく納得も理解もしていない。


ただ、怒られているから、黙って大人しくしよう。
それくらいのことしか考えてないでしょうね。


ちょっと唐突ですが、
少し前にも茨城の方で通学バスが襲われる事がありましたね。


その場にあなたが異合わしたらどうします?


私なら逃げます。
逃げられないなら、なにか身を守るものを探します。


相手が感情的になっているときって、
これと同じようなものなんですね。


実際に暴力を振るわれることはなくても、
防衛本能が働きます。


じゃあひっくり返してあなたが相手に何かを伝えたい時、
決して感情的になってはダメだって分かりますね。


私たちは相手に何かを伝えようとして、
それがお客様であったとしても、うまく伝わらなくて
イラっててしまう事がありますね。


そうすると、お客様はその場を立ち去ってしまいます。
下手をしたら不快な思いをしたと知人に伝えるかも。。。


逆にあなたが笑顔なら相手にも笑顔が伝わります。
しかし何も無いのに笑顔をつくるのは難しい。


じゃあ、笑顔に囲まれていれば?


もう分かりますね。
あなたの周りに笑顔を置きましょう。
キャラクターなら簡単にできますよね。


参考になれば幸いです。

Posted by born1963 : 11:09 | Page Top ▲

キャラクター販促280 警戒心

ついこの前、ニッサンが世界初の量産型EVを発表して話題になりました。


そのちょっと前にヤマダ電機で三菱のEV(アイ・ミーブ)を
発売することを発表しましたね。


沢山のディーラー網を抱える日産が三菱と同じことをするかは分かりませんが、
ヤマダ電機と三菱の英断はEVの普及に貢献すると思います。


なぜなら、EVというのはまだまだ発展途上の自動車で、
普及させるには幾つもの障害があります。


ひとつは走行距離。
満充電で200kmとか言っても実際はその6割くらいでしょう。


その上、どこでも充電できるわけではありません。


ローソンやイオンでも充電器を設置するという話がありますが、
それが普及したとしても、今度は充電する時間が問題になります。
ガソリンの様にすぐに入れられるものではありませんから。


さらに値段。
政府の補助が受けられるとは言っても小型車に300万円は高いですよね。


それでもEVを買う方達ってどういう人だろうと考えると・・・


まず、1台は車があってセカンドカーにEVを考えている。
つまりご近所の買い物等に使うにはEVでも問題ないわけですね。


次に環境意識が高く、新しいものが好きであること。
ま、これは当然ですね。


そして自宅のガレージで充電できること。
インフラが普及していない現在、自宅に停めて夜の間に充電する
とういのが現実的な使い方ですよね。


ということは郊外の一軒家を所有している人たち、
特に住宅用太陽電池パネルを導入している方とかぶるんですね。


そしてヤマダ電機は郊外に強く、
個人宅用の太陽電池パネルの販売数量日本一なんです。


つまりすでに見込客名簿を持っているわけですね。


その上、自動車ディーラーに行くのには敷居が高いですが、
家電量販店に行くのは気軽に行けます。


太陽電池パネルはまだ買ってなくても、あるいはよそで取り付けた方でも
電球を買うついでに目にすることはできますし、
好きな方なら、ちょっと触ったり、乗り込んだりするでしょう。


すでに日本一の実績を誇るヤマダ電機ですから、安心感もありますね。


そうやって顧客の警戒心を薄れさせることができれば、
少しずつでもEVは売れていくでしょう。


さて、あなたはお客様の警戒心を薄れさせる努力をしていますか?


POPなどでキャラクターが問いかけるようにすれば、
それだけでもお客様の警戒心は薄くなりますよ。


キャラクターを見て警戒する日本人はほとんどいません。


参考になれば幸いです。

Posted by born1963 : 17:33 | Page Top ▲

あけましておめでとうございます。

2011ny500.jpg
予約投稿です(笑)
昨年は事故でバイクを大破させたりしましたが、
多くの方の励ましのおかげで今も元気にバイクに乗っています。
お世話になった皆様、ありがとうございました。
本年もどうぞよろしくお願いします。

最後まで読んでくださったあなたに、全ての良きことが雪崩のごとく起きます。

Posted by born1963 : 06:06 | Page Top ▲