トップページ >キャラクター > メールマガジン3> キャラクター販促272 国際関係

無料メールマガジン「クチコミを生むキャラクター販促活用術」

キャラクターを使った販促の方法を紹介しています。 キャラクターの持つチカラを紐解き、ビジネスに活用しましょう。(マガジンID:0000132694)

メールアドレス:

キャラクター販促272 国際関係

このメルマガ読者のカスターさんのつぶやきで知ったのですが、
中国国内の反日デモで叫ばれる「日本鬼子(リーベングイズ)」
という日本人/国への罵倒に対して、斜めに受けて
「日本鬼子(ひのもとおにこ)って萌えキャラ作って中国人を萌え豚にしようぜ」
と中国へ返すという草の根プロジェクト
が発足したそうです。


今の若者は素晴しいと思いました。


あの反日デモ自体が、交渉を有利に運びたい中国の官製デモなんですが、
レアアースのことも含めて、世界市場からチャイナリスクが危険視されて、
逆に自分の国の首を締めている状態になりつつあります。


そんなことは中国自身も分かっているわけで、
なんとか振り上げた拳を下ろしたいわけです。


だからこういう平和的な抗議活動が大きくなると
両国間の緊張緩和に役立つと思います。


『「日中文化交流」と書いてオタ活動と読む』というブログを見ると
ハッキリと負けを認めている人もいるみたいだし。
>なんかもう、無力感に苛まされる……
>ちょっと負けを認めるべきなのかもしれない。
>正直こういった蔑称をスルーして萌えキャラ化できるってのは強いと思うわ。
>パロディで返すってのはうまいやり方だし、それを実際にやれるってのはスゴイね。


現実的な話として、上海の中国人の友達に聞いたことあるんですが、
一般の中国人ってそんなに日本人を嫌悪してないそうです。


日本人を知らない人は「日本人ってちょっと怖いんじゃないか」
と思っているフシはあるようですが、
一度でも日本に来た事のある人はたちまち親日になるそうです。


それくらい誤解や先入観(その多くは中国政府のプロパガンダです)が
二国の間に横たわっているんです。


もちろん過去において日本が中国を侵略した事実は消せません。
戦争中とは言え、そのときの残虐行為もあったでしょう。


でも、グーグルで「日本鬼子」って検索したら、萌キャラが出てくる。
そうしたらきっと、日本の事を知らなかった中国人も
今の日本に興味を持ってくれると思うんですよね。


そうしたらもっと、草の根レベルで交流が図れるようになるんじゃないか。
そう思いませんか?


キャラクターには二国間の間を取り持つ、
そんな力があるのかも。。。


参考になれば幸いです。

Posted by born1963 : 00:10 | Page Top ▲

無料メールマガジン「クチコミを生むキャラクター販促活用術」

キャラクターを使った販促の方法を紹介しています。 キャラクターの持つチカラを紐解き、ビジネスに活用しましょう。(マガジンID:0000132694)

メールアドレス: