トップページ >キャラクター > メールマガジン3> キャラクター販促271 Love

無料メールマガジン「クチコミを生むキャラクター販促活用術」

キャラクターを使った販促の方法を紹介しています。 キャラクターの持つチカラを紐解き、ビジネスに活用しましょう。(マガジンID:0000132694)

メールアドレス:

キャラクター販促271 Love

あまりにも有名な話しなので、ご存知の方も多いと思いますが、
アメリカの新聞に「サンタさんはいるのですか?」と言う質問が来ました。


それに対する新聞のコラムニストの回答が奮ってました。


「私はいると思います。愛や思いやりや友情と同じように、
見たことがないからと言って、ないとは言えないのです。」


素晴らしいですね。
これからの時代、私たちはこのような「人を幸せにする言葉」を
言い続ける必要があります。


先日、ITpro EXPO 2010展示会3日目の基調講演で、
EvernoteのCEOであるPhil Libin氏が、
クラウド時代を迎え、これからの製品は“Love”が重視される
と語ったという記事
が出ていました。


Evernoteというのはネット上のデータベースみたいなもので、
テキストだけでなく画像も検索でき、しかも端末はPCだけでなく、
スマートフォンでも、端末の種類を選ばずアクセスできるというサービス。


Evernoteは無料版でも十分に役立つのですが、
わざわざ有料のプレミアムサービスに切り替える人が沢山いるそうです。


その1番の理由が「Evernoteが好きだから」だとというもの。


一例として、あるときEvernoteのオフィスに熱烈なユーザーから
栄養補助食品が大量に入った宅配便が届いたそうです(笑)。


現在マーケティングには、いかにライバルに勝つかという戦闘モデルと、
いかにユーザーに愛されるかという恋愛モデルの発想があります。


今、モノは行き渡り、お客様の消費動向も複雑になってきています。


例えばちょっと前なら、携帯電話を買い替えようとなったら、
比較するのは他機種でした。


それが今では、直接競合しあっている相手だけと
比較が行われているとは限りません。


ぶっちゃけた話、iPhoneが欲しいけど、やっぱり旅行にしようか、
それともジュエリーがいいかも。というようにその選択基準は
ジャンルを超えてその人が好きなもの全てが競合になっているのです。


今のお客様には抜きんでいて「好きだ」、
「今の自分の気持ちとあう」と感じるものが結局は選択されるのです。


今、お客様は同じ種類の商品なら何を買っても大差ないと知っています。
だからどこで買うかは、好き嫌いで決めていると言っても過言ではありません。


それはもうほんのちょっとした差だったりします。


お子様にキャラクターのシールを差し上げるとか、
そのほんのちょっとした差にキャラクターは役立てると思います。


参考になれば幸いです。

Posted by born1963 : 17:18 | Page Top ▲

無料メールマガジン「クチコミを生むキャラクター販促活用術」

キャラクターを使った販促の方法を紹介しています。 キャラクターの持つチカラを紐解き、ビジネスに活用しましょう。(マガジンID:0000132694)

メールアドレス: