トップページ >キャラクター > メールマガジン3> キャラクター販促269 AKB48

無料メールマガジン「クチコミを生むキャラクター販促活用術」

キャラクターを使った販促の方法を紹介しています。 キャラクターの持つチカラを紐解き、ビジネスに活用しましょう。(マガジンID:0000132694)

メールアドレス:

キャラクター販促269 AKB48

263号でもAKB48の話を書いたのですが(まぁ、旬ですからね(^^;))
あの時は話のマクラに使っただけですね。


今回はキャラクターと絡めて、もうちょっと突っ込んでみます。


AKB48は売れっ子ですからCMにも沢山出演しています。
しかし、その多くはトップの数人が単独で出ているモノばかり。


AKB48といえる程沢山出ているのは、春先に流れたAOKI、セブンイレブン、
UHA味覚の「プッチョ」、カゴメ「野菜一日これ一本」くらいですね。


そのうちAOKIは彼女達の新曲「桜の栞」にあわせてってことですから、
売れているアイドルと曲で選んだと言っていいでしょうね。


プッチョとセブンイレブンは出演しているのがメディア選抜+αの十数名。
それでも人数が多いって言えば多いのですが、
やはり人気グループを起用したかったというレベルですね。


しかし、カゴメの「野菜一日これ一本」だけはちょっと違います。


「野菜一日これ一本」は厚労省が推奨する1日の摂取量350グラム分の野菜を、
25種類の野菜からバランスよく摂取できるのが特徴の商品です。


CMではその「25種類の野菜を含む」という商品の特徴に合せて
25人のメンバーが、それぞれトマト、キャベツ、にんじん、かぼちゃ、
赤ピーマン、ほうれん草、などの衣装をまとって出演しています。


沢山の健康的な女の子達がそれぞれ野菜に扮して、
元気いっぱい歌って踊ってる映像は、見ているだけで元気をもらえます。


つまり、この商品の特徴だけでなく、「飲んだら元気になるぞっ」
という使用後のイメージをも暗示しているんですね。


カゴメは、「野菜一日これ一本」というネーミングでも、
AKB48を起用したCMでも商の品特徴を伝えることに腐心してます。


どんなによい商品も伝わらなければ売れません。


ですので販促キャラクターは
しっかりと商品の特徴をアピールするモノでないとダメなんですね。


参考になれば幸いです。

Posted by born1963 : 11:23 | Page Top ▲

無料メールマガジン「クチコミを生むキャラクター販促活用術」

キャラクターを使った販促の方法を紹介しています。 キャラクターの持つチカラを紐解き、ビジネスに活用しましょう。(マガジンID:0000132694)

メールアドレス: